15
2月

タイの奨学生候補 警察官になる夢を叶えるために

タイの小学6年生カエさんの日常と夢をご紹介します。

 

作物の価格が下落、生活は不安定に

サワディカップ(こんにちは)。私はスパチャヤ・クランプラパン、周りからはカエと呼ばれています。現在小学6年生の12歳で、今は両親と高校3年生の姉の4人家族で暮らしています。両親は農業に従事していますが、現在作物の、特に米の販売価格が下落し収入は不安定で、私と姉二人分の教育費を捻出するのに非常に苦心しています。

学校が休みの日、少しでも家計を助けるために私は姉と一緒に日雇いで米の収穫やキャッサバの栽培をして収入を得ています。学校のある日は一生懸命勉強し、下校したら掃除、洗濯、皿洗いなどの家事を手伝い家族の負担を減らすようにしています。

 

稲刈りの様子

 

 

勉強を続けて警察官になりたい

好きな教科は算数で、本を読むのが好きです。将来は警察官になりたいと思っています。警察官は安定した職業で、家族を養うために十分なお給料をもらえるからです。「やらなければ何も達成できない」をモットーに日々の勉強を続けています。

私が今回奨学金の受給に立候補した理由は、家計の負担を少しでも減らしたいからです。奨学金を受け取ることができたら、そのお金で学校の教材を購入し、できることなら将来の勉強のために有効に活用したいと思っています。最大限奨学金を有効活用して学校生活を充実させたいです。ご支援をよろしくお願いします。

その他に紹介している2022年度奨学金を申請した子どもたちは下記よりご覧いただけます。

タイの奨学生候補 一生懸命勉強して家族の支えになりたい
タイの奨学生候補 家族の負担を減らして学び続けたい
タイの奨学生候補 夢はお医者さん
タイの奨学生候補 学校の先生になるために勉強を続けたい
タイの奨学生候補 この国の発展と家族の幸せのために

 

「ダルニー奨学金」は、ドナー1人につき1人の子どもを支援し、子どもには誰が支援してくれているのかを伝える、顔が見える、成長が見守れる、1対1の国際里親制度の教育支援システムです。1日当たり40円、月々1,200円、年間14,400円の支援で、子どもが1年間学校に通うことができます。皆様からのご支援、お待ちしております。

タイ奨学金の締切は3月20日です

ダルニー奨学金について詳しくはこちらボタン

寄付ボタン

Leave a Reply

You are donating to : Greennature Foundation

How much would you like to donate?
$10 $20 $30
Would you like to make regular donations? I would like to make donation(s)
How many times would you like this to recur? (including this payment) *
Name *
Last Name *
Email *
Phone
Address
Additional Note
paypalstripe
Loading...