カンボジア トイレ建設

カンボジアの地方の学校におけるトイレ事情をご存知ですか?

学校のトイレが衛生的でないために多くの生徒や先生方が病気になっています。また、水が流れない等機能しないトイレを使うことをためらうため、生徒たちが安心して学校で勉強することが難しくなっています。民際センターでは、生徒たちのためにに清潔なトイレ環境を作り、安心して教育を受けられるように、カンボジアの学校にトイレを建設するプロジェクトを開始しました。

カンボジアの地方にある学校のトイレ

カンボジア政府は、2003年に地⽅における⽔道整備、トイレ、衛⽣に関する政策を⽴案しました。この政策は、2025年までにカンボジアの地⽅に暮らす⼈々が安⼼して使うことができる、⽔の供給、トイレ等の衛⽣環境を整備することを⽬的としています。
カンボジアの教育⻘少年スポーツ省は、政府の政策を受けて⽣徒や教師たちが⽔道とトイレ等が整っている環境の下で学校⽣活が送れるように「学校における⽔道・トイレ・衛⽣に関するガイドライン」を作成しました。カンボジアの地⽅では、清潔なトイレが設置されている学校はほとんどありません。省では不衛⽣なトイレが原因で⽣徒や先⽣が下痢や細菌性呼吸器疾患を患っていることを問題視し、その解決に乗り出しました。省が作成したこのガイドラインの⽬的は、学校における⽔道・トイレ・衛⽣環境を強化するためで下記のカテゴリーに分かれて推進できるようになっています。
カテゴリー1.飲料⽔
カテゴリー2.便器(⼥⼦⽤と男⼦⽤)
カテゴリー3.⼿洗い場
カテゴリー4.環境と安全
このガイドラインは、環境を改善することにより星の数で評価され⼀つ星の学校から、⼆つ星の学校、さらに上の三つ星の学校に上がれるようなプログラムも兼ね備えています。
⼀つ星の学校とは、基本的なトイレ施設、すなわち少なくとも1つの⼥⼦⽤と1つの男⼦⽤トイレがあり、教室には飲み⽔⽤の瓶があることが必要になります。
⼆つ星の学校とは、⼀つ星の条件に加えて飲み⽔が完備されていて⼀つ星の学校より多くのトイレがあり⽣徒たちが使える洗⾯器が⽤意されていることが条件となります。
三つ星の学校とは、25⼈の⽣徒に対して1つのトイレが設置されていて⼆つ星より多くの洗⾯器やごみの分別システムが設置されている学校を指します。

【本プロジェクトの背景】
カンボジアでは、ポル・ポト政権が崩壊した1979年に教育環境の復旧が始まり、1993年に国連監視のもと第1回制憲議会選挙が⾏われる頃には、国際機関や⺠間団体からの⽀援を受けて多くの学校が再建され、教材も使えるようになりました。しかし、学校のトイレや上下⽔道施設は不⾜したままでした。決して衛⽣的とは⾔えない環境の中では⽣徒たちの健康が害されやすく、特に問題になっているのは⼥⼦⽣徒の低就学率につながる点です。公⽴の学校では、⽣徒の数に対して適正な数のトイレが設置されます。しかし、それらのトイレは水が流れない、⼿洗い場や洗浄設備が⼗分ではない等の問題を抱えています。
省が作成した「学校における⽔道・トイレ・衛⽣に関するガイドライン」によると⼩学校には5〜10のトイレが、中学校は10〜15のトイレが必要です。⺠際センターは、このトイレをガイドラインに沿ってプロジェクトとしてトイレ建設を実施します。これが実現すれば、地⽅の学校でも⽣徒たちが政府が推奨する普通のトイレ施設を使⽤でき、彼らの教育環境ひいては健康が保証されるからです。「⼈⽣にとって最も⼤事なことは健康である」と私たちは考えています。

【支援できる国】カンボジア
現在最初のケースとしてカンポンチュナン県のチェ シム カンポン トララーチ中・⾼等学校の現状をご紹介します。この中学校は、プノンペンから70km北にあるカンポンチュナン県、さらにその県の中⼼地から20kmを隔てたカンポントララーチ郡にあり、
2019年度、全校⽣徒は1,405⼈でうち⼥⼦⽣徒は763⼈、中学部は682⼈、⾼等部23⼈在籍します。
副校⻑のデア ロスピセイ先生は、「現在、本校は6つのトイレしかなくそのほとんどの状態が悪く、時に水が流れない時もあります。⼿洗い場や浄化槽がありません。」と⾔います。「⽣徒たちは、トイレの順番を⻑く待たなければなりません。何⼈かは、我慢できずに家に帰って⽤をたします。そして、授業に遅れて勉強について⾏けなくなり、何⼈かは学校を⽋席しがちになります。
」と続けました。

学校のトイレの現状について語るデア ロスピセイ副校長

是非、皆様のご支援をお願い致します。

【トイレが建設されるまで】
1.お問い合わせをいただきましたら、⺠際センターカンボジア事務所にて、その時点で⼀番トイレを必要としている学校を調査・選定し(1〜2か⽉程度)、⾒積もりと提案書をお届けします。
2.天候によりますが、建設には3〜4か⽉かかります。
3.完成後、報告書をご提出いたします。
また、ご希望者は竣工式にお越しいただけます。(諸費用はご支援者様負担)

【ご寄付額】
・フルパッケージ:2,000,000円
仕様:女子用トイレ3つ、男子用トイレ2つ、タワー型大型浄水層完備
・ライトパッケージ:1,400,000円
仕様:女子用トイレ2つ、男子用トイレ2つ、普通サイズ浄水層完備
(建設する地域や仕入れによって値段が多少変更になる場合があります。ご寄付方法につきましてはご相談ください。)

民際センターへのトイレ建設に関するお問い合わせは、こちらの「お問い合わせフォーム」をご利用ください。(以下のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせいただけます)
また、お電話のお問い合わせも受け付けています。

問い合わせボタン