各国紹介

 

世界には、経済的貧困を理由に中学教育を受けられない子どもたちがたくさんいます。

そこで、民際センターでは、メコン5カ国(タイ・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス)に教育支援を行っています。

今、支援国の子どもたちがどんな状況に置かれているのか、各国の現状をお伝えいたします。

カンボジア

カンボジア

カンボジアは低地の平野、メコンデルタ、山岳地帯、タイ湾の海岸線など豊かな地形を持っています。首都プノンペンには、アールデコ様式の中央市場、華やかな王宮、歴史や考古学の展示が見られる国立博物館などがあります。国の北西部には、クメール帝国時代に建設された広大な石の寺院の遺跡群であるアンコール ワットがあります。

首都:プノンペン

詳しくはこちらボタン

ラオス

ラオス

メコン5か国の中で唯一海に面していない国、それがラオスです。経済的には決して豊かではなくアジアの中でも最貧国の一つと言われていますが、人も優しく、自然がいっぱい、何とも言えない癒し感があり、最後の桃源郷と称されています。 山岳地帯、フランス植民地時代の建築物、山岳民族の集落、仏教の僧院などや、首都ヴィエンチャンにある仏塔タートルアンには、仏陀の胸骨が収められているとも言われています。その他にも凱旋門アヌサーワリー パトゥーサイや、食べ物、衣類、工芸品の店がひしめき合うタラートサオ(朝市)があります。

首都 ヴィエンチャン

詳しくはこちらボタン

ミャンマー

ミャンマー

ミャンマー(旧ビルマ)は、インド、バングラデシュ、中国、ラオス、タイと国境を接する国で、100 以上の民族が存在しています。国内最大の都市ヤンゴン(旧ラングーン)には、活気あふれるマーケットや、数多くの公園や湖があり、仏舎利が収められた黄金色に輝く 6 世紀の仏塔、シュエダゴン パゴダがそびえています。

首都:ネピドー

詳しくはこちらボタン

タイ

タイ

タイは微笑みの国とも呼ばれ、豪華な王宮、古代遺跡、仏像が飾られた華やかな寺院で知られる東南アジアを代表する国です。首都バンコクは、静かな運河沿いのコミュニティやワットアルン、ワットポー、エメラルド寺院(ワットプラケオ)などの有名な寺院と近代的な都市空間が隣り合わせになった都市です。近郊には、賑やかなパタヤやファッショナブルなホアヒンなどのビーチリゾートがあります。

首都:バンコク

詳しくはこちらボタン

ベトナム

ベトナム

ベトナムの正式名称は「ベトナム社会主義共和国」で、南シナ海に面しています。
首都ハノイには、この国を代表する共産主義指導者ホーチミンを称えて建てられた、巨大な大理石造りの霊廟があり、ホーチミン市(旧サイゴン)には、フランス領時代の建築物、ベトナム戦争の歴史を伝える博物館などがあります。 

首都:ハノイ

詳しくはこちらボタン