ミャンマー

ミャンマーってどんな国

ミャンマー

人口の7割はビルマ族。そのほか、100もの少数民族が暮らしていると言われ、カレン族・モン族・パダウン族・カチン族・パオ族などさまざまな民族が独自の文化を守りながら生活しています。
面積およそ67万7700平方キロで、日本の約1.8倍。北緯10度から28度にわたる南北に細長い国です。北はインドと中国、西はバングラデシュ、東側はラオスとタイに接し、南はベンガル湾とアンダマン海を望みます。

【基本情報】

面積:68万平方キロメートル(日本の約1.8倍)

人口:5,337万人

一人当たりのGDP:1,299米ドル

(出典 外務省)

【支援地域情報】

ミャンマー

民際センターでは、ミャンマーのチャウンタン地区(Kyauktan)のティワラ(Thilawa)村とチャンタピン(Htantapin)地区のチャンタピン村の各中学校の奨学金サポートを実施しています。

【軍事政権と民主化】

ミャンマーは1948年に英国の植民地から民主主義国として独立しました。しかし、政治が混乱し、1962年にネ・ウィン将軍が軍事クーデターを起こし、ビルマ社会主義計画党を結成して1962年に大統領となり、軍が実権を握る社会主義政権が成立しました。
1988年,全国的な民主化要求デモにより26年間続いた社会主義政権が崩壊したが、国軍がデモを鎮圧するとともに国家法秩序回復評議会(SLORC)を組織し政権を掌握し、軍政が始まりました。軍の支配下で言論の自由はなく、出版物は政府が検閲し、許可がないと出せませんでした。
1990年には総選挙が実施され,アウン・サン・スー・チー氏率いる国民民主連盟(NLD)が圧勝したものの,政府は政権移譲を拒否。
アウン・サン・スー・チー氏率いる民主化勢力は軍政による厳しい弾圧を受け,2010年までの間,計15年に亘る自宅軟禁に置かれていました。
それでも、独立の英雄アウンサン将軍の長女でもあるアウン・サン・スー・チー氏は、軍政に反対し続け、91年にノーベル平和賞を受賞。
国民の尊敬を集め、国際社会も軍政に経済制裁などで圧力をかけました。

2011年に軍政は、テイン・セイン大統領に権力を譲り、民政移管が実現し、政治犯の釈放,報道の自由化,少数民族武装組織との停戦交渉等を進め,民主化と経済改革を推進しはじめます。しかし、軍政の元幹部で、国会の4分の1の議席を軍に割り当て、副大統領や国防、内務などの3大臣も軍が決められるといった軍が政治に関わる仕組みは変えなかったのです。2015年、総選挙が開催され、アウン・サン・スー・チー議長率いるNLDが大勝。アウン・サン・スー・チー氏側近のティン・チョウ氏を大統領とする新政権が発足します。アウン・サン・スー・チー氏は,国家最高顧問,外務大臣及び大統領府大臣に就任。ミャンマーにおいて約半世紀ぶりに国民の大多数の支持を得て誕生した新政権は,民主化の定着,国民和解,経済発展のための諸施策を遂行しています。しかしながら、大小135の民族がいるとされ、少数民族の自治拡大を訴える武装闘争も続いていて、近年は多数派の仏教徒とイスラム教徒の間で衝突などがあり、2018年、ラカイン州北部における治安拠点への連続襲撃事件が発生。その後の情勢不安定化により,70万人以上の避難民がバングラデシュに流出しています。民族や宗教の問題のかじ取りも難しいですが、経済を立て直しとともに、貧しい人の生活を向上させるため、教育の重要性がますますたかっています。

ミャンマーの教育事情

【現地の教育の概要と特徴】

学校制度

5・4・2制

義務教育期間

義務教育制度は導入されていない。

学校年度

6月初め~3月中旬

学校年度

【3学期制】
1学期:6月~10月
2学期:11月~12月
3学期:1月~3月(4、5月が夏休みとなる)

教育概要・特色

現在のミャンマー学校教育制度は、初等教育と中等教育からなっている。初等教育機関には、小学校5年間、中等教育は、中学校4年間、高等学校2年間および各種職業学校がある。高等教育機関には、短期大学、大学がある。各学校はすべて政府の統括下にあり、教育方針や教育課程などは教育省が管轄している。
政府は1980年代から初等教育の充実に力を入れており、開設した小学校の数は31,496(1989年)から36,155(2009年)まで増加し、また、小学校の就学率は91%(1999-2000)から、96.56%(2004-2005)に改善している。2001年度からは、1年生から11年生までの進級および11年生修了について、各教科修了テスト及び学年末試験により児童生徒の学力を評価する「学力継続評価制度」を実施している。留年者を多く出していた学年末試験による進級制度は1997年度までに廃止された。大学入学試験については、11年生卒業と大学入試を兼ねた、ミャンマ-試験委員会による「全国共通試験」が実施されている。
ミャンマーは仏教国でもあることから、一般的に親は教師に協力的であり、親子とも教師に対し尊敬の念を持って接している。また教育省に承認された宗教省の僧院教育も存在しており、僧院長たる僧侶が寄付金等で経営をする僧院付属小学校、中学校、高等学校がある。これらの学校は、生活に困窮している子供たちの就学を目的としており、学費は無料となっている。僧院付属学校数はミャンマー全国で1402校(2009-2010)ある。

【現地の学校段階別教育の概況】

義務教育

義務教育制度はいまだ導入されていないが、5歳に達したすべての児童は小学校に入学する権利が認められている。
年間授業日数は200日前後となっている。
小・中・高校とも、定期試験の成績によっては進級・卒業できない場合もある。

義務教育の学校段階種類および就学状況

小学校:5歳~9歳、1年生~5年生、就学率96.56%
中学校:10歳~13歳、6年生~9年生、就学率42.2% 
高等学校:14歳~15歳、10年生~11年生、就学率32.6%
(2004-05年度教育省発表、上述のとおり義務教育制度は導入されていないので、参考として記載)

カリキュラム・教授言語

小学校は、1時限30~35分で、最低週40時間、中学・高校は、1時限45分で、最低週35時間。

義務教育段階の学費

【授業料】
小学校は無償、
中・高等学校では、学年が上がるにつれて、学費も上がる
(毎月の学費は、6年生は500チャット、7年生は600チャット、8年生は700チャット、9年生は800チャット、10年生は900チャット、11年生は1000チャット)
【その他の費用】教科書費、文房具費、学校改修費、スクールバス代等(金額は学校により異なる)

スクールインフォメーション

小・中学校では出欠、遅刻のチェックは非常に厳しい。
服装はいずれも制服を着用。通信簿による成績評価が行われる。1クラスの人数は40~60名と比較的多い。

(出典:外務省 アジアの国・地域別都市一覧)

ページのトップへ戻る

3人の子どもの塾の費用に月35ドル

EDF-Myanmar(ミャンマー事業所の紹介)

【ミャンマー事業所長インインからのメッセージ】

 

ミャンマーの奨学生

 奨学生の声 <リンクはこちら>

【奨学金申請中の子ども】

マウンエミンソさんとマオハマーチンさん

ミャンマー奨学金申請中の子ども

ヘインニットピン村のマウンエミンソ君(12歳)とマオハマーチンちゃん(11歳)は今年6年生。
二人の両親はどちらとも農作業の日雇い労働者で、子供を学校に送るのが経済的に困難です。
お姉さんのマエイミチンちゃんは5年生の時に学校を止めて、靴工場ではたらかないといけなくなりました。
二人の家は村の外れにあるので、学校に通うには徒歩で2つも橋を越えなければなりません。
彼らは貧しいですが、一生懸命勉強を続けています。
いくつか賞を受け成績もクラスでトップになり、2012年~2013年の間奨学金を受けることになりました。「お姉さんが学校を止めて働いてくれたおかげで、ここまでなんとかやってこられました。奨学金を受けられるようになりこれからの勉強への意欲がわいてきました。支援してくださった方にとても感謝しています。しかし今後、家族を支える為に私達も働くとこになってしまうのが不安です」

マンウンサンウィンさん

ミャンマー奨学金申請中の子ども

ハタンタピン都区ダナエビ村に住む、マンウンサンウィン君(13歳)は6年生の勉強をしています。
彼のご両親とお兄さんは村の雑務作業をしており、現金収入は月平均わずか90,000ヤット(100US$)です。
家族は日払い労働者なのでみんなが一緒に住むことが出来ず、マンウンサンウィン君本人は村のお寺にお世話になりながら修道憎のお手伝いをしています。
それでも彼は意欲的に勉強を続け、いくつか賞を受け取り成績もクラスでトップにいなりました。
「僕は家が貧しいけれど、一生懸命勉強をしてクラスで一番になれました。これからももっと上のレベルの教育を受け、いい仕事を見つけ、老いてゆく両親や兄弟を支えられる様になりたいです。
僕やクラスメートのみんなに奨学金を提供してくれた皆さんにとても感謝しています」

【現奨学生の紹介】

イン・ジン・メイさん

イン・ジン・メイさんは、現在おばあちゃんと叔母さん、そして兄、妹の3人兄弟で暮らしています。
両親は離婚しており一緒に生活はしていません。生活は非常に苦しく全員が助け合いながら暮らしています。
そんな中でも、イン・ジン・メイさんはとても勉強が出来ると先生も言っていて、学校から成績優秀賞の盾やトロフィーを貰うほどです。
今年無事中学を卒業出来る予定で、高校への進学も、先生の努力もあり、何とか実現できるとの事です。将来は、医者になり、他の人たちを沢山助けたいとの夢を持っています。
もし、中学4年間、奨学金が貰えなかったら、勉強に専念することも出来ず
きっと夢を持つことも出来なかった。 是非とも、日本の支援者の方、そしてEDF-ミャンマーの活動にお礼が言いたいとの事でした。


 おばあちゃんと中学校の先生と

 学業優秀の盾とトロフィー
ネ・ヌヌ・トエさん

ネ・ヌヌ・トエさんは、5人兄弟の4番目で、兄3名と妹1名がいます。兄3人は、働くために、すでに家を出ていています。両親は健在ですが、いずれも朝早くから夜遅くまで、農園や市場で働いていて、日中は家にいることはなく、ネ・ヌヌ・トエさんと妹は、おばあちゃんに面倒をみてもらっています。 奨学金のおかげで、制服、教科書やノートなどをそろえることができ、また塾に通うことが出来て、とても感謝しているとの事です。特に英語が大好きで、少しではありますが、英語での自己紹介などもしてくれました。日本からの奨学金の支援を受けていることもあり、日本語も勉強したいそうです。高校までは歩いて30分以上はかかりますが、何としても高校に行きたい、そして将来はお医者さんになりたいと言っています。先生も出来るだけ、ネ・ヌヌ・トエさんをサポートしていきたいと考えているそうです。


   ネ・ヌヌ・トエさん

   ネ・ヌヌ・トエさんの家