カンボジア女子寮建設

ご寄付いただいた寮の前に立つ女子生徒たち

カンボジアでは家から中学校や高校への距離が大変遠く、「通学が難しい」という理由で進学を断念したり、退学を余儀なくされる生徒が多くいます。2019年の統計によると、カンボジア全体では小学校7,228校、中学校1,739校に対して、高校は525校しかありません。*  上級の学校になるにつれて学校数が数が少なくなる上に、地方では公共交通機関も整っていません。学校が川の対岸にある場合には、有料の渡し舟に乗って通学しなければならないこともあり、経済的に恵まれない生徒の通学はさらに難しくなります。
カンボジアにも学生寮はあります。しかし、いくつかあるものは⼟地所有者の許可を得て生徒たちが建てた掘っ⽴て小屋です。そのような寮でも電気代を払えない生徒は、乾電池式ランプを使用するか、持っていない場合は灯をとることもできません。
男子生徒ば、近くにあるお寺に住まわせてもらいそこからの通学することもできますが、お寺は女人禁制、女子生徒は、お寺に入ることはできません。そのような状況でも、学校に通いたい、勉強を続けたいと、学校の近くに掘っ立て小屋を作って暮らす女子生徒もいます。そこは、施錠ができず、雨風をふせぐこともできません。
さらに、経済的な余裕もないため朝食をとらず、食事は昼と夜の2回のみ。持参コンロを持ち出して外で料理し、夜は昼の残り物を食べます。ある寮では、トイレもシャワー兼用の1つだけ。それを約60人の生徒が使用していて、乾季には水が無くなってしまうこともあります。また、カンボジアの夜の⼀人歩きは危険なので、遠く離れている場所にトイレが設置されている寮では、夜間にそこを使わないこともあります。

* Public Education Statistics and Indicators(www.moeys.gov.kh/index.php/en/emis/3069)

生徒たちが建てた小屋

部屋の中

離れた場所にあるトイレ

カンボジア女子寮建設プロジェクト

【支援できる国】カンボジア 
民際センターでは、カンボジアで女子寮を建てるプロジェクトを行っています。対象は、バスや電車などの交通機関がなく、通学が困難な地域から通う女子生徒が多くいる地域の中学校や高校の敷地内に女子寮を建設し、女子生徒が通学の心配をせずに、安心して勉強に取り組むことができる環境を整えています。オプションでトイレとキッチンを付けることができます。

ご支援いただいた女子寮

キッチン

トイレ

 

【女子寮が建つまで】

①調査と建築場所の選定

ご寄付のお話をいただきましたら、民際センター・カンボジア事業所にて、一番女子寮を必要としている学校調査・選定します。その際の村人たち、学校から家が遠い生徒たちの聞き取りを行います。その結果、候補地が決定し、見積もりと提案書をお出します。(1~2か月程度)

候補地

村での説明

生徒たちへの聞き取り

②建設

土地の整備、鉄筋組立、内装・外装工事を経て完成します。(5~6か月)
ご希望者には竣工式にお越しいただけます。(諸費用はご支援者様負担)

土地の整備

支柱組立1

支柱組立2

外装

内装

完成

室内

キッチンとトイレ

貯水槽

③報告書の提出(1~2か月)
建設の様子、寮で暮らす生徒たちの様子をお知らせします。

寮に住む女子生徒たち

ネームプレート

学校からのお礼状

④寮で必要な付属品の寄付も受け付けています

女子寮で必要としているベッド、井戸、扇風機、学習用テーブルと椅子のセット、畑(自給自足用の)のネット等もご寄付いただけます。生徒たちの要望を調査し、別途見積もりをお知らせします。

ベッド

井戸

扇風機

机と椅子のセット

カンボジア女子寮建設に関するお問い合わせは、こちらのフォーム

問い合わせボタン

をご利用ください。また、お電話(03-6457-5782、受付時間 10:00~18:00(土日祝、年末年始除く))でも受け付けています。

カンボジア女子寮のチラシはこちらからダウンロードしてください。

【建設費用】

■ 建物のみ:320万円
■ 建物(トイレとキッチンつき):360万円
(*金額は、おおよその目安です。お話をいただいたときに建設地や必要資材を基にお見積もりを取りますので多少変わることもあります。)

全額ではなく額を問わない部分的な寄付も随時受け付けています。

 

ページのトップへ戻る

【女子寮の寄付を受けた生徒や学校の先生の声】

女子生徒から
この度は、私たちの通う高等学校の敷地内に女子寮をご寄付いただきまして誠にありがとうございました。この寮に住む多くの生徒は学校から家までがとても遠い上に、通学路の治安も悪く、公共の交通機関がないため学校に通うい続けることが難しかったのです。近くに部屋を借りるとお家賃を払わなくてはならないし、それらの住まいは必ずしも安全ではないため、多くの生徒が高校で勉強を続けることを諦めていました。でも、今は女子寮をご寄付いただいて安心して勉強ができるのでとても幸せです。通学に必要な費用や危険な通学路のことをもう心配しなくて良いなんてこんなに幸せなことはありません。改めまして、ご寄付いただきました方に心より御礼申し上げます。

 

学校の先生から
本校敷地内に女子寮をご寄付いただきまして、学校職員生徒一同心より感謝申し上げます。本校には、学校に通うことが難しく、中途退学を余儀なくされていた生徒が多くいましたが、寮のおかげで皆、安心して勉強でき退学率も減ると思うと、これほど嬉しいことはありません。このご寄付は、就学がかなった生徒たちの将来を明るく照らすだけでなく、カンボジアの国の発展に大きく寄与することでしょう。改めまして、ご寄付いただきまました方に心より御礼申し上げるともに、末永い幸せとご健勝お祈りいたします。

 

【支援者の方の声】

ご支援していただいた方からは、
・丁寧な見積もりや報告書をいただき、自分の寄付が女子生徒の就学を応援していることがわかり嬉しかった。
・本来であれば進学をあきらめざるをえなかった女子生徒が、中学校に通い「将来は、学校の先生になりたい」と夢を話してくれたことが印象的でした。
・竣工後に寮を訪れました。女子寮に住む生徒たち、学校の先生や村の方々にまるで身内が来たかのように歓待されました。自分の寄付がこのような形で活かされていると思うと嬉しくて涙が出てきました。
など、感謝のお言葉をいただいています。

【よくあるご質問】

Q:定員は何人ですが?。
定員は20名ですが、同じタイプの寮では、現在25人前後で生活しているケースが多いようです。

Q:部屋数を教えてください。
1つです。

 Q:寮費はどのようになるのでしょうか?
かかりません。寮費として想定されるものが、食費、電気代、水道代、清掃費などがあげられると思いますが、食料は、村人が寄付してくれます。また、生徒が寮の前に畑を作って作物を作るケースもあります。電気代は、学校までは電気が通っていますが、寮までは通っていません。明かりと扇風機は、ご希望によりにソーラーパネルを設置しますのでそこからとります。水道代に関しては、近くに井戸がある場合はそこから、寮には雨水をためる貯水槽を寮の裏に設置し、それを使用することができます。掃除は、住む生徒が当番制で行います。

Q:入居する生徒はどのように選びますか?
学校の先生と地域の教育員会のメンバーが、生徒の通学距離、勉強に対する意欲、課程の経済状況等総合的に判断し、決定します。

Q:全額ではない寄付をしたいのですが受け付けてもらえますか?
はい。随時受け付けています。その場合は、一棟分の金額に達してから建設を開始します。

 

【ご支援いただいたカンボジア女子寮】

民際センターは、ご支援により現在まで下記地域に女子寮を建設しました。まだ、寮を必要としている生徒ががたくさんいます。

タックホー中学校
カンポンチュナン県ロリアビア郡(①)
2015年5月

フンセンカンポンレーン高校
カンポンチュナン県カンポンレーン郡(①)
2015年7月

フンセントラセコン高校
カンポット県トクチョウ郡(②)
2016年5月

フンセンコーアデット高校
タケオ県コーアンデット郡(③)
2016年8月

サンダックアブメパセデス高校
カンポンスプ県パセデス郡(④)
2017年12月

プレバットノロドム高校
プレイベン県カンチリーチ郡(⑤)
2017年9月

フンセンカンポンロ高校
スヴァイリエン県カンポンロ郡(⑥)
2017年8月

フンセンプレポン高校

プレイベン県カンポットラベック郡(⑤)
2017年11月

フンセンチレイツム高校
スヴァイリエン県ロメスヘック郡(⑥)
2018年1月

バベ中高等学校
スヴァイリエン県バベ郡(⑥)
2018年5月

プレシソラマット中学高等学校
カンポンチュナン県ロリエビエ郡(①)
2018年7月

カオスクララ中学校
バタンバン県カオスクララ郡(⑦)
2018年7月

スライアング中学校
プレアヴィヒア県クレアン郡(⑧)
2019年1月

カンポンスララオ中学校
プレアヴィヒア県チェブ郡(⑧)
2019年1月

サンクムツメイ高等学校
プレアヴィヒア県サンクムツメイ郡(⑧)
2019年7月

カラヤ高等学校
コンポントム県ブラサットバラング郡(⑨)
2019年8月

サンダン高等学校
クラチェ県サンバー郡(⑩)
2019年9月

プレアカーン中学校
プレアヴィヒア県サンクムツメイ郡(⑧)
2019年10月

 

カンボジアの地方には通学が難しく中途退学を余儀なくされている女子生徒がまだ沢山います。

是非、カンボジア女子寮のご支援をお願いいたします。

問い合わせボタン

ページのトップへ戻る