16
8月

【8月末締切:HOPE奨学金を待ち望むカンボジアの中学3年生10名】

4月末から本格的に始まりました高校支援“HOPE奨学金”。
初めての募集締め切り8月30日(カンボジア・ラオス・ベトナム)が近づいています。

この冬から高校への進学を望むカンボジアの中学生3年生から写真とコメントが届きました。
現在、彼らを支援してくれる支援者を募っています。ぜひご支援ご検討ください。
*生徒は指定できませんが、いただきましたご支援はこの10名にまず届けられます。

 

ボ・ソナートくん

僕の名前はボ・ソナートです。16歳です。プレアヴィヒア州サンクムトゥメイ中学校に通う中学3年生です。現在、両親と7人のきょうだいと一緒に暮らしています。両親は農家です。生活はとても苦しいですが、両親も兄も姉も僕に学校に通うことを諦めてほしくないと考えています。将来のため、家族を貧困から救うために真剣に勉学し、いつか地域に貢献したいと思っています。HOPE奨学金の支援を望む理由は、高校に通うための制服や教材を購入する費用を得て家族の負担を減らしたいからです。卒業後は学校で学んだことを活かして良い仕事に就き、家族と地域の人々を助けることができればと願っています。

 

サク・ニカさん

私の名前はサク・ニカです。14歳です。プレアヴィヒア州サンクムトゥメイ中学校に通う中学3年生です。私は現在、祖母と叔父、叔母と共に暮らしています。母はすでに亡くなり、父は農業を営みながら、中学1年生になる弟と別の場所で暮らしています。生活はとても貧しく困難な状況の中にいますが、私はいつも自分の将来について考えています。家族はいつも私が勉強を続けることを励ましてくれます。高校に通うためには制服と教材を購入する必要があり、どうしても今奨学金が必要です。奨学金を受けることができれば、卒業までしっかり勉強し、学んだ知識を家族や母国の発展のために使うことを誓います。

 

プロム・ヴィセスくん

 

僕の名前はプロム・ヴィセスです。16歳です。プレアヴィヒア州サンクムトゥメイ中学校に通う中学3年生です。現在、両親と二人の兄弟と暮らしています。両親は農業以外に、生活費のため、子どもたちの教育費のために仕事を探しては行っていますが、家計はとても厳しい状況です。竹とトタン屋根でできた家に住んでいます。そのような暮らしをしている僕が高校に進学するためには奨学金が必要です。学校に通うためには教材を購入する必要があり、奨学金は両親の教育費にかかる負担を減らし、家計を助けてくれるからです。

 

チェン・シーンメイさん

私の名前はチェン・シーンメイです。15歳です。プレアヴィヒア州サンクムトゥメイ中学校に通う中学3年生です。私は現在、母と小学校5年生の弟と3人で暮らしています。両親は離婚し、母が畑を耕し私たちを養ってくれています。私の家には大黒柱がいないため、貧しい暮らしをしています。しかし、私の母は、私に勉強を続けてほしいと願っています。母は日々の生活費を最小限に抑え、私を学校に通わせるため努力してくれています。そして、私も勉強したいと願っています。私が高校で勉強を続けるためには奨学金が必要です。奨学金は母の経済的負担を和らげ、家族の生活を支え、私は勉強するための教材を買うことができるからです。

 

ヴァン・チャンヴァスくん

僕の名前はヴァン・チャンヴァスです。15歳です。コンポンチュナン州フンセン コンポントララーチ中学校に通う中学3年生です。僕は7人家族で、5人兄弟の3番目です。19歳になる長男は高校まで卒業しましたが、家庭には経済的な余裕がなく、大学には進学することができず、現在バイクのメンテナンスの勉強をしています。次男は17歳ですが、家庭の経済状況が厳しかったため中学1年生で中途退学しました。彼は両親を助けるためタクシードライバーの助手になることに決めています。4番目は中学1年生、5番目は小学5年生と皆学生です。僕の両親にとって5人兄弟を育て、3人の子どもに教育を受けさせることはとても難しいことなので、僕が学び続けるためには奨学金が必要だと思っています。時間がある時には家事を手伝い、家計を助けるため仕事も探しています。

 

ボ・リンナさん

私 の名前はボ・リンナです。14歳です。コンポンチュナン州チェシム コンポン中学校に通う中学3年生です。私には次世代を教育したいという夢があり、将来教師になりたいと思っています。両親は高齢で定職に就いておらず、3人のきょうだいは皆学生で、家庭の経済状況はとても厳しいです。私が教師の夢を叶えるためには学ぶ必要があり、高校に通うためには奨学金が必要です。奨学金を受けることで、私の両親の経済的負担を軽くしたいと願っています。両親には私の進学を経済的にサポートすることは難しいので、今回このHOPE奨学金を受けることができなければ、おそらく私は中途退学することになるでしょう。それは私にとって非常に残念なことです。奨学金をいただけたなら、私は知識を得るため勉学に励むことを約束します。家族と先生を絶対に失望させたくないので、精一杯頑張ります。

 

セン・コマさん

私の名前はセン・コマです。17歳です。コンポンチュナン州チェシム コンポン中学校に通う中学3年生です。将来、私は人々を助けたいので看護師になりたいです。特に、毎日薬を服用しても未だ癒されない母を治療したいです。私の両親は高齢にも関わらず、子どもたちの教育費を稼ごうと頑張って働いていますが、その収入は非常に少ないです。私には7人きょうだいがいますが、私を含め5人しか一緒に暮らせない状況にあります。看護師になるためには学校に通う必要がありますが、両親には私を経済的にサポートする力がないので、奨学金の支援が私には必要です。奨学金は両親の経済的負担を軽くし、私を退学の危機から救ってくれる大切な助けです。良い知識を得るために勉学に励み、私の家族と先生たちを失望させないことを約束します。

 

ヨブ・フェアヴィーくん

僕はヨブ・フェアヴィーです。15歳です。コンポンチュナン州チェシム コンポン中学校に通う中学3年生です。夢は看護師になることで、いつか家族や親戚を助けたいと思っています。特に、母はずっと病気で苦しんでいるので、母が回復する姿を見たいです。両親は自営業をしていますが、高齢で働くのにも限界があります。それでも、私たちの教材を買うために頑張って働いてくれています。僕には7人のきょうだいがいますが、経済的に貧しく、僕と弟だけしか学校に通えていません。看護師になるために勉強し続けたいので奨学金が必要です。奨学金は両親の負担を間違いなく減らしてくれます。もし、奨学金が無ければ、僕は途中で勉強することを諦めなくてはならないと思います。HOPE奨学金を受けることができれば、家族と先生たちを失望させないように、勉学に励むことを約束します。

 

ソク・チェンさん

私の名前はソク・チェンです。16歳です。カンポット州プレア ノルダム ラナレス中学校に通っています。私には結婚している姉がいますが、私を支援してくれたことはありません。私の両親は5歳のときに離婚しています。私の父もこれまで家族を支援してくれたことはありません。血のつながってない母のみが私と一緒にいてくれます。母と私が今住ませてもらっている家は、とても老朽化していて雨漏りがひどい状況です。私の母は59歳で、村のクリーニング屋で働いていますが、病弱で私を学校に行かせるお金を十分に稼ぐことができません。誰も他には助けてくれる人はいないので、学校で必要な教材が買えないこともあります。私の好きな科目は理科です。卒業したら地域に役立つ看護師になりたいです。時間があるときには家事を手伝ったり母と共に働いています。

 

チョウン・マレンさん

私の名前はチョウン・マレンです。15歳です。カンポット州フンセン トラセコーン中学校に通っています。6人家族で、77歳の祖母と、50歳の父、37歳の母と17歳で高校2年生の姉と、9歳で小学3年生の弟と暮らしています。両親は農業で生計を立てていますが、父は畑仕事の後、建設現場でも働き収入を得ています。しかし、これらの仕事は天候に左右され、仕事が全くない日もあります。両親はたいへんそうなので、時間がある時は私もお手伝いをしています。私の家は木造で、ところどころ壊れていて雨漏りをしています。家から学校は遠く、私と妹は自転車で通っています。お金がないので、私は学校で必要な教材が買えず、そのまま学校に行くこともあります。家庭は経済的に困難な状況にあります。私は良い仕事を得て家族を経済的に助けるために学校でしっかり学びたいです。自分自身もそうですがきょうだいも高校を卒業できるように願っています。そのためにも奨学金の支援が必要です。私の好きな科目は国語です。将来先生になって、たくさんの子どもたちに学ぶ機会を与えたいですし、自国が発展していく様子を見たいです。

 

子どもたちにとって高校3年間は、とても重要な期間です。友情を育み、人間関係を築き、自分らしさを発見すると共に、実社会に出るための準備をします。教養を身に付け、よりよい仕事を得て、貧困の連鎖を断ち切っていくことができます。このことからも高校への進学を支援することは非常に重要と言えます。ぜひ、彼らが高校に通うことができるように、HOPE奨学金のご支援をご検討いただければ幸いです。

カンボジアについて詳しくはこちらボタン

 

「HOPE奨学金」は、顔が見える、成長が見守れる高校生の奨学金制度です。
質の高い教育を、国の未来を担う高校生たちに提供したいという想いから2022年4月末からスタートしました。
1日当たり100円、月々3,000円、年間36,000円の支援で、生徒が1年間高校に通うことができます。
皆様からのご支援、お待ちしております。

HOPE奨学金の締切は8月30日です

HOPE奨学金について詳しくはこちらボタン

寄付ボタン

Leave a Reply

You are donating to : Greennature Foundation

How much would you like to donate?
$10 $20 $30
Would you like to make regular donations? I would like to make donation(s)
How many times would you like this to recur? (including this payment) *
Name *
Last Name *
Email *
Phone
Address
Additional Note
paypalstripe
Loading...