天国からの贈り物 ベトナムー1

あなたをいつも身近に感じています

9月に新学期を迎えるベトナムから、遺贈寄付にて教育支援を受け学校に通う奨学生のお手紙が届きました。感謝の気持ちを伝える彼らのお手紙をシリーズ2回に分けてご紹介します。今回は、天国にいらっしゃる澁谷寿代様に向けて感謝の気持ちを伝える女子生徒たちの物語です。

家のお手伝いをするドアンさん

手紙

親愛なる 澁谷 寿代 様へ

こんにちは。始めまして。私は、ヌグエン ティ ドアンと申します。昨年からあなたからいただいたダルニー奨学金を受けて中学校に通っています。支援を受けて学校に通うことができ、とても幸せです。あなたのご支援は、教材や制服だけに止まらず、私の心の支え、そして拠り所になっています。遠い日本に私のことを応援してくださっている方がいると考えるととても元気が出て、すべての困難を乗り越えていけるような気持ちになるのです。
奨学金をもらっていなかった頃のことを思い出すと、とてもつらくなります。制服や一冊の教科書が欲しいと思っても、私の家庭は貧しく、それはかないませんでした。しかし、ご支援のおかげで進学が可能となり参加した入学式には、同じ年のお友だちがたくさんいて、一緒に勉強ができると思うととても幸せな気持ちになりました。
「私の将来には希望がない」と思っていた日々がうその様です。運良く学校に入学できても、家計の一部を支えるため、学校を中途退学しなくてはならないのではないかと不安に思っていたのです。でも、奨学金をいただいて私の心配は遠くへ消え去ってしまいました。奨学生は、皆貧しい家庭の出身ですが、今は、支援を受け学校へ通い、先生に励まされ、親身になってくれるお友だちと出会うことができています。ベトナムの経済的に恵まれない子どもたちにお心を寄せていただいたこれらご支援は、私たちにとって意味深い贈り物です。

私はあなた様のご厚意に心から感動しています。奨学金は、私だけでなく家族も助け、皆、私の未来に希望を持つことができているのです。頑張って勉強し、社会に貢献できる立派な大人になることが、あなたを始め私を信じてくれる人たちの恩に報いることになると思っています。
最後になりますが、私たちのような貧しく教育の機会がなかった子どもたちに救いの手を差し伸べてくださって本当にありがとうございました。これからも私たちを天国から見守っていてください。

ヌグエン ティ ドアン

食事の後片付けをするトラさん

天国にいる澁谷様へ

私は、レ ティ トラ トラム、タイビン省ティエンハイ郡レラング中学校の1年生です。ダルニー奨学金を昨年からいただいています。
あなたは、すでにお亡くなりなっていると聞きました。直接お礼を言うことができずとても残念ですが、私の声が天国にいるあなたに聞こえているととても嬉しいです。人生の最期の時に、ご自身の財産を私たちベトナムの貧しい女子生徒たちの教育支援に使いたいと民際センターにご連絡いただいたという話を聞き、本当に感動して涙が止まりませんでした。あなたは、そばにいていつも私たちを見守っていくださっていると信じています。
改めまして、あなたの優しさと私たちにいただいたご支援に心から御礼申し上げます。私は、学年末の試験で良い成績をおさめることができました。来年も、このように良い報告ができる様に頑張ります。
この機会に、英語でお手紙を書くことができ本当に嬉しいです。英語ができる様になったのは、あなたのご支援で学校に通い、授業を受けることができたからです。これからも頑張って勉強します。
本当にありがとうございました。

レ ティ トラ トラム

 

「ダルニー奨学金」は、ドナー1人につき1人の子どもを支援し、子どもには誰が支援してくれているのかを伝える、顔が見える、成長が見守れる、1対1の国際里親制度の教育支援システムです。1日当たり40円、月々1,200円、年間14,400円の支援で、子どもが1年間学校に通うことができます。

ベトナムの締切7月20日です。

ダルニー奨学金について詳しくはこちらボタン

寄付ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です