ウォータープロジェクト推進中!

6月25日からスタートした新事業、ウォータープロジェクト。一括での寄付のほか、クラウドファンディングでも支援を募集しています。

 

ウォータープロジェクトとは

カンボジアへ、学校の環境に応じて地下水の引き込みや雨水を貯水する設備を贈るのがこのウォータープロジェクトになります。

カンボジアでは、学校は建設されていても校内の設備はまだまだ不足しており、水道も例外ではありません。国全体の実に約7割の学校で水道設備が整っていないことが国勢調査により明らかになっています。政府もこうした事態を重要視していますが、大幅な改善はできておらず不衛生な水を使うことで引き起こされる下痢や細菌性の疾患が問題となっています。

学校内でも、生徒が自力で川や用水路などに水を汲みに行かなければならず、本来勉強をするための時間を費やすことが問題となっています。さらに、時間をかけて汲んだ水が原因で健康問題を引き起こす可能性があるのです。

そうした問題を解決するために、今回のプロジェクトが発足しました。
プロジェクト詳細はこちら

小さな力を大きな力に

ウォータープロジェクトは、一口50万円で水道設備の建設が可能になります。寮建設やトイレ建設と同様、環境改善のための設備を設置するプロジェクトには高額な資金が必要になります。
そのため、民際センターはより多くの皆様に力を貸していただくべくクラウドファンディングサイトを立ち上げました。

たとえ個々の出資が少なくとも、多くの人が集まればそれは大きな力になります。5,000円からの寄付になるので、今までご支援頂いたことのない方や社会貢献に興味はあるけれどきっかけがなかった方でも気軽にご参加いただけます。また特定公益増進法人として、公益財団法人民際センターへの寄付金はクラウドファンディングにおいても所得税・相続税・法人税の税制上の優遇措置を受けることが可能です。
民際センターの活動は、すべて皆様からのご支援で成り立っています。小さな力を集めて大きな力に変え、カンボジアの子どもたちがより良い環境で勉強ができるように、皆様からのご支援、お待ちしております。



是非、皆様のご支援をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です