ベトナム⾚⼗字社から、⽀援者様を気遣うお⼿紙が届きました~新型コロナウイルス感染拡大のニュースを受けて~

「日本の支援者の皆様を⼼配しています」

現在、新型コロナウイルスの感染者急増のため、民際センターがある東京都にも緊急事態宣言が発令されています。そのような状況に心を痛め、ベトナム・タイビン省におけるダルニー奨学金事業を実施する上での協力団体であるベトナム⾚⼗字社タイビン省⽀部から、支部長のレ ドゥイ カン氏が、日本の支援者様宛てにお手紙を下さいました。そこには、日本における新型コロナウイルス感染拡大を受けて、日本の支援者様を心配していること、そして、支援していただいている奨学生たちは皆無事であることなど、気遣いの言葉がつづられていました。

氏は、以前にも日本の支援に感謝するコメントを寄せてくれています。
詳しくは:https://www.minsai.org/news/vietnam_redcross/
(氏は、当時ベトナム⾚⼗字社タイビン省⽀部・副⽀部⻑でしたが、現在は支部長です)

手紙の本文

以下は、いただいた手紙の日本語訳です。

**********************************************

日本の支援者様、民際センターの皆様

昨今、世界中に新型コロナウイルスの感染が広がる中、どの様にお過ごしでしょうか。

ベトナム・タイビン省の教育委員会そして、生徒とその両親は、日本における新型コロナウイルス感染の拡大に対しまして、皆様のご不便、苦境はいかばかりかと心配しています。そして、感染された方の一日も早いご快癒をお祈りするとともに、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

新型コロナウイルスは、全世界に蔓延しており、人々の生活、経済、地域活動に大きな影響を与えています。特に欧米等の先進国における集団感染は、全世界に広がり、この感染が一日も早く収まり、世界中が一日も早い日常を取り戻すことを望まずにはいられません。

私どもの住む、ベトナム・タイビン省でも感染者の報告はありますが、現在(2020年4月8日現在)、新型コロナウイルスにより亡くなった方はいません。しかし、感染者の隔離や都市封鎖の措置が取られているため、経済や物流が停滞し、都市機能は麻痺しています。

現在、ベトナムでは、17才未満の感染者の報告はありません。つまり、ダルニー奨学金を受けている中学生たちは、皆無事です。学校は閉まっていますが、子どもたちはインターネットやテレビなどを通じて学習しています。今後再開されたときには、皆様に生徒の様子を是非お知らせしたいと思っています。

今後、日本の政府が新型コロナウイルス感染症に対して適切な措置を講じ、感染を速やかに封じ込め、皆様の経済活動や生活が通常通りになることを信じています。日本の皆様が、健康と心の平穏を保たれます様、心より祈念いたします。

ベトナム⾚⼗字社タイビン省⽀部
⽀部⻑ レ ドゥイ カン

お手紙を寄せてくれたベトナム⾚⼗字社タイビン省⽀部 レ ドゥイ カン氏

 

ダルニー奨学金について詳しくはこちらボタン

寄付ボタン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です