「中学校に行きたい」カンボジアの少女の声

カンボジアのコンポンチュナン州に暮らす小学6年生から届いたビデオレター。そこには、貧しさから中学進学への道を断たれようとしている少女の、奨学金への願いが込められていました。

民際センターは、メコン5ヵ国の学校に行くことができない子どもたちを「ダルニー奨学金」で支援しています。この奨学金は、学力の高さを尺度としたものではなく、経済的貧困度合いの高さを優先して提供しています。ビデオレターの少女のように、経済状況が厳しい家庭は依然として多く、勉強を続けたくても中途退学せざるをえない児童・生徒がたくさんいます。ぜひ皆様の温かいご支援で、子どもたちの中学進学・卒業をサポートいただけませんか?

1人の支援者が1人の中学生を支える、顔の見える教育支援「ダルニー奨学金」で、皆様と一緒に世界の貧困削減と平和構築をめざします。

 

カンボジアについて詳しくはこちらボタン

「ダルニー奨学金」は、ドナー1人につき1人の子どもを支援し、子どもには誰が支援してくれているのかを伝える、顔が見える、成長が見守れる、1対1の国際里親制度の教育支援システムです。1日当たり40円、月々1,200円、年間14,400円の支援で、子どもが1年間学校に通うことができます。

ダルニー奨学金について詳しくはこちらボタン

寄付ボタン

*特定公益増進法人として、公益財団法人民際センターへの寄付金は、所得税・相続税・法人税の税制上の優遇措置を受けることができます。また、一部の自治体では個人住民税の寄付金控除の対象となります。詳しくはこちらをご覧ください。https://www.minsai.org/about/koujo/

 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です