かつての自分のような子どもたちのために

中学生の頃にダルニー奨学金を受け、支援者の方が現在どうしておられるのか、EDF*(Education Development Foundation)タイ事業所に問い合わせてくれた元奨学生のダオルアン・サワンセーンさん。これまでの彼女の歩みと感謝が綴られたお手紙をご紹介します。現在、タイ東北地方ヤソートン県の小中併設学校の英語の先生をしています。

私はダオルアン・サワンセーンと申します。現在ヤソートン県パーティウ郡コックナーコー町にあるバーンノンチュムセーン小中学校で英語の先生をしています。私は、ヤソートン県カムクアンケオ郡トゥンモン町にあるバーンマプリック校の中学生だった1995-1997年に、3年間ダルニー奨学金をいただきました。そして、中学校を卒業して、郡の有名なカムクアンケオチャヌーパタムという高校に進学する夢が叶いました。奨学金の一部を貯金し、高校の授業料にも使いました。ダルニー奨学金がなければ、途中で高校を辞めていたと思います。この奨学金を得たことがいかに私に素晴らしい機会を与えてくれたのかを感謝の気持ちと共に強く認識しています。高校を卒業して、ウボンラーチャターニー県にあるウボンラーチャターニー・ラジャパット大学で英語を専攻しました。そのときも外部の奨学金と政府提供の学資ローンで授業料や生活費を補填しました。大学生活にかかる費用は多いですから、夏休みなど学校の長期休暇の時にはアルバイトをしていました。

                                                      

 奨学生だった中学1年生の頃            大学卒業時            現在のダオルアンさん

2005年に学士課程を首席で卒業しました。遠いところで働くよりも、自分が生まれ育った地元に貢献したいと思い、教員採用試験を受けることを決めました。公務員として私が生まれたヤソートン県の小中学校で英語を教えてもう15年になります。現在、通常の教える仕事以外に、EDFの奨学金担当としての役割を果たす機会も得てとても光栄に思っています。奨学生に選ばれる前に生徒の家庭状況を調べに行くのですが、その時はいつも自分が小さかった頃を懐かしく思い出します。昔私が得たような機会を家庭の状況が良くない全ての子どもたちが同じように得られることが出来るようにと願っています。一方、私もその機会を与える側の人になれるのではないかと思い、昨年からEDFを通じて寄付をさせていただくことにしました。これからも引き続き支援を継続していきたいと思います。

    

         奨学金授与式にて                      奨学生たちと                    生徒の家庭訪問

最後に、まだ、お目にかかったこともありませんが、私と私の家族の為に奨学金を支援してくださった「ヤマノ・クニコ様」にとても感謝しております。タイのごく地方の一人の子どもに教育の機会を与えてくださり本当にありがとうございました。そのご支援のお蔭で今の私があります。また、タイの子どもたちに今まで教育の機会を提供してくださった全ての支援者の皆様、EDFのスタッフの皆様に、益々のご幸福とご活躍をお祈りします。

心からの感謝をこめて

ダオルアン・サワンセーン

*民際センターではダオルアンさんのご支援者様を探しております。当時、兵庫県にお住まいだった「山野 邦子」様ですが、ご住所やお電話番号の変更等で現在連絡が取れなくなっています。もしお心当たりのある方おられましたら、民際センターまでご一報くださいませ。ぜひこのお手紙を山野様にもお届けしたいと願っております。

タイについて詳しくはこちらボタン

 

ダルニー奨学金について詳しくはこちらボタン

寄付ボタン

 

かつての自分のような子どもたちのために” への1件のフィードバック

  1. 元奨学生だったダオルアン・サワンセーンさん、彼女の様にダルニー奨学金を足掛かりに努力を重ねて成功した方はきっとたくさんいるでしょう。

    そうした方々も「ダルニー奨学金」というチャンスを与えられなければ挫折して夢をあきらめていたかも知れません。
    しかしチャンスと努力で教師という職業に就く事ができました。そこで彼女が選択したのは地元に貢献したいという事でした。
    日本だけでなく地方に生まれた若者はチャンスをつかむと都会へ行こうとします。大都会は若者にとって魅力的に映るのでしょう。
    でも若い人達がみんな都会へ出て行ってしまったら故郷の発展は止まってしまいます。

    彼女の様に地元に帰って仕事に就けばその土地は成長を続け若者も離れて行かなくなるでしょう。
    日本の東京と同じ様にタイのバンコクも一極集中型の都市です。首都が発展する事も大切ですがその見返りに地方都市の過疎化が進む様では国の発展は加速しません。
    少しずつ地方都市でも地方都市なりの進歩・発展が進む事によって街が発展して魅力のある都市へと変貌を遂げます。

    特にイサーン地方は農業以外の大きな産業がありません。今学業を終えた若者が自分たちの故郷に魅力を感じ、発展に手を貸し続ければ未来のイサーンは今とは違った魅力を発信しているかもしれません。そんな学生さんの成長に「ダルニー奨学金」を通じて参加出来る事はこの上ない喜びを感じる事ができます。

    未来のタイを担う少年少女に夢と希望を与える「ダルニー奨学金」。その活動がもっと多くの人に知れ渡る事が未来を照らす大きな光となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です