ベトナムの奨学生から、⽀援者様へお⼿紙が届きました~新型コロナウイルス感染拡大を受けて~1

現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国に緊急事態宣言が発令されています。そのような状況を心配し、ベトナム・タイビン省においてダルニー奨学金を受けている中学生2名が、ご支援者様にお手紙をくれました。今回は、そのうちの1人、トラン ア ホアンさんが、日本の支援者K. S.様に宛てた手紙を紹介します。その中には、日本における新型コロナウイルス感染拡大をニュースで聞き、K. S.様やご家族を心配していること、いただいている教育支援を心から感謝していることや、現在のベトナムでの生活について書かれています。今回、そのお手紙を支援者のK. S.様にお送りしたところ、奨学生を気遣う心温まるお返事をいただきました。担当者として、このやり取りに関わり、奨学生と支援者様のお互いを思う気持ちに触れ、優しい気持ちになることができました。そして、このお手紙を送ってくれたベトナム事業所スタッフと共に、支援に携わるNGO職員の業務の意義とそのやりがいを再確認できたことは、私にとって何物にも代え難い宝物になりました。

以下に、奨学生からの手紙と支援者様からのお返事を紹介します。

奨学生からの手紙

K. S. 様(お手紙には実名が記載されています)

あなたにダルニー奨学金のご支援いただいていますトラン ア ホアン、タイビン省 ブゥ ツ 地区にあるミン ラン 中学校の3年生(ベトナムの中学校は4年生)です。
あなたとご家族の皆様のご健康とご幸福をお祈りしながら、この手紙を書いています。

奨学生からの手紙

手紙を書くトランさん

 

日本では、新型コロナ感染拡大により、多くの会社が経営困難や倒産の危機に直面し、職を失った方もいらっしゃると言うニュースを聞きました。あなたの会社やお仕事がどのような状態かわかりませんが、感染拡大はまだ、続いていると聞いています。あなたも、経済的な困難をかかえていらっしゃるのではないかと心配しています。もし、そうでしたら、私は次年度のダルニー奨学金を、あなたから受け取ることを辞退したいと考えています。そして、あなたの会社やお仕事の状況が、回復した時に、私が学校に戻れるようにサポートを再開していただけると嬉しいです。私の学業は、途切れ途切れになるかもしれませんが、あなたには強くあってほしい、そして、経済的にあなた自身が守られることが重要だといつも思っています。そうすれば将来、私や、他の人も助けることができるでしょう。
ベトナムでは、感染予防のため学校が閉まっているため、今は、ネットを通してオンライン授業を受けています。私は、スマートフォンやパソコンを持っていないので、オンライン授業を受ける設備のある友達の家を訪ね、そこで一緒に勉強をしています。今は、いつ学校に通って勉強ができるようになるかわかりません。でも、私は、将来立派な人間になるために、十分な知識を得たいのです。そのために、今は一生懸命、勉強を頑張ることを誓います。

台所で

居間で

 

私たちの町の多くの人が日本へ行き、学校に通い、働いていますが、みんな口を揃えて、日本は文明化された国で、人々は礼儀正しく、素晴らしい風景のある場所だと言います。私の夢は、あなたの国、日本を訪れることです。そのためには、努力を惜しみません。
K. S. 様とご家族皆様のご健康を、ベトナムからお祈り申し上げています。

トラン ア ホアン

支援者様から奨学生へのお返事

トラン ア ホアンさん
御手紙ありがとうございます。ベトナムでの新型コロナウイルス感染のことでトランさんのことを心配していましたが、元気になさっていることがわかり、ホッとしました。人を気遣うあなたの優しい気持ちを嬉しく思います。心配してくれてありがとう、私は大丈夫ですよ。
想像していたよりも、明るく元気にトランさんが暮らしていることが写真から伝わりました。若い力が感じられ、とても嬉しく思います。困難な中、オンライン授業で学んでいることも頼もしいですね。困難な時にこそ人はいろいろな事に気付かされます。一生懸命頑張っているトランさんを見て私も元気をもらいました、ありがとう。
今日一日を疎かにせず懸命真剣に生きていけば明日は自然に見えてきます。その明日を懸命に生きていれば一週間が見えてくる。その一週間を懸命に生きていれば一ヶ月先が見えてくる、、、つまり、ことさら先を見ようとしなくても、今この瞬間瞬間に全力を傾けて生きることで、そのときに見えなかった未来の姿が、やがて自然に見えるようになってくるものと思います。いたずらに明日を思い悩んだり、将来のことに汲々とするよりも、まずは今日一日を充実させることに力を注いだ方が良い、それが結局夢を現実のものとする最善の道だと思います。
それと、自分を支えてくれている近しい人たちへの感謝の気持ちがあれば、頑張りすぎて心が壊れることもなくなるでしょう。
日本でも暗いニュースが多いのですが、昨年年末に私の息子に初孫、男の子が生まれ笑顔で一杯になりました。今は日本の季節は春で、春はいたるところで桜が咲き花びらが舞い散るとても美しい季節です。その写真を送ります。桜舞い散る季節は、心も優しくなります。
トランさん、身体に気をつけてこれからも勉強に励んで、立派な大人になって下さい。

K. S.

花びらが川に浮かぶ様子

桜並木

 

「ダルニー奨学金」は、ドナー1人につき1人の子どもを支援し、子どもには誰が支援してくれているのかを伝える、顔が見える、成長が見守れる、1対1の国際里親制度の教育支援システムです。
1日当たり40円、月々1,200円、年間14,400円の支援で、子どもが1年間学校に通うことができます。

ダルニー奨学金について詳しくはこちらボタン

寄付ボタン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です