僕が家族を支えます(ミャンマーの奨学生)

民際センターミャンマー事務所の職員インインが奨学生(ゼェ ヤー アウン)の紹介をしてくれました。

ゼェは、ダルニー奨学金がなければ中学校に通うことはできません。

奨学生のゼェ

家族は、両親、小学校3年生の弟と小学校1年生の妹がいます。お父さんは日雇い労働者、お母さんは近くの工場で働いていましたが、最近妊娠がわかり働けなくなってしまいました。ゼェは将来エンジニアになりたいという夢を持っています。元来まじめな性格で、学校の勉強も頑張り、長男という責任感も強く、家事もこなし両親を助けます。お母さんが働けなくなって生活はさらに不安定になりましたが彼は頑張って家族を支えたいと思っています。
「奨学金がなかったら、僕が学校を辞めて働かなければ家族は生活ができなかったでしょう」とゼェは言います。「僕、そして同じような境遇の子どもたちを支援してくださっている日本の皆様、本当にありがとうございます。皆様もどうかお元気でお過ごしください」
と続けました。

 

ゼェの家と家族

ゼェの家

 

「ダルニー奨学金」制度は、経済的貧困で中学教育を受けられない子どもたちを支援する国際教育里親システムです。ドナー1人につき1人の子どもを支援し、子どもには誰が支援してくれているのかを伝える”1対1の顔の見える教育支援”です。14,400円で1人の子どもが1年間中学校に通うことができます。 

 

ダルニー奨学金について詳しくはこちらボタン

寄付ボタン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です