奨学生の声

【タイ】奨学生の紹介

【ラオス】奨学生の紹介

【カンボジア】奨学生の紹介

【ベトナム】奨学生の紹介

【ミャンマー】奨学生の紹介

支援国の子どもの状況報告

 

【タイ】奨学生の紹介

■ プラニル(アモンラッド・ハソク)さん(新中学1年生)

プラニル(アモンラッド・ハソク)さん
この5月から中学校に通うプラニルさん

私の名前はアモンラッド・ハソク(ニックネーム:プラニル)です。現在13歳で、小学校6年生です。中学校1年生からはマハーサーラカーム県にあるバンクワオライ中学校で勉強します。私は一人っ子で、両親は私がまだ幼かった頃に離婚しました。ですから、祖母と一緒にトタン板で覆われた古い木の家で暮らしていたのですが、2017年11月25日に祖母は大腸がんのため亡くなってしまいました。私の母と義理の父はアユタヤで働いており、毎月1,000バーツ(日本円で約3,500円)の仕送りをしてくれます。時々、両親は長期休暇の際、私に会いに帰ってきてくれます。現在は近所の人たちに少し手伝ってもらいながら一人暮らしをしています。母からもらう毎月1,000バーツ以外に収入はありません。現在の私のGPA(成績評価指標、4.00満点)は3.75です。私は歌が得意です。将来はプロの歌手になることを夢見ています。

 

■ ベンジャマス ブリさん(中学3年生)

ベンジャマス ブリさん
中学校を卒業したらコンピューターの専門学校に通うベンジャマス ブリさん

中学校1年生から3年間奨学金を受けられたことを大変うれしく思います。私は今年の3月に卒業します。現在は祖父母と生活を支えるために低賃金労働者として働らかなければならない一人の姉と暮らしています。私も週末はトウガラシ畑で働き、1日80バーツ(日本円で約280円)を稼がなくてはなりません。民際センターの奨学金は私の家族を支援してくれました。奨学金のおかげで、家族からお金を出してもらわなくても、私は文房具や学校カバン、靴を買うことができました。もし奨学金を受けることができなかったら、祖父母は私のために家族のお金を使わなくてはならなかったでしょう。中学校3年生を終えたら、私はビジネスコンピュータの専門学校で勉強するつもりです。私の人生で最も印象が強い出来事の一つは、去年、私の学校を訪ねに来てくださった支援者に出会ったことです。私はうれしくて、言葉になりませんでした。家族も私自身もこのような良い機会に恵まれてとてもうれしく感じました。3年間、支援してくださった民際センターと支援者の方に感謝の気持ちを伝えたいです。

 

 

 

■ ブプハ先生(ダルニー奨学金担当の先生)

ブプハ先生
ダルニー奨学金担当のブッハ先生

私は民際センターの奨学金支援に携われることを誇りに感じています。また、民際センターが恵まれない子どもたちの苦境を気にかけてくださっていることを大変うれしく思います。これらの子どもたちは決して良い環境とは言えない、恵まれない家庭に生まれました。彼らは悪意のあるネットやメディアに簡単にアクセスすることができますし、多くのリスクに直面しています。民際センターの奨学金は子供たちがより高い質の生活をおくれるように支援してくださいますし、私も教師として、この奨学金が子どもたちのためになっていることを確信しています。子どもたちが卒業した後も、彼らはいまだに学校に会いに来てくれますし、私を慕ってくれます。このおかげで私は自分の仕事に誇りを持つことができるのです。 民際センターの奨学金のおかげで家庭の出費を減らすことができるのです。奨学生は、家族の金銭的な援助がなくても、新しい靴や靴下、また、新しい服を買うことができます。奨学生のほとんどが行儀よく、周りのことを考えることができます。また、民際センターの奨学金は子どもたちが卒業するまで続けてもらえるところがとても良い所です。私は、何年間か民際センターと一緒に働いていますが、より子どもたちの気持ちを理解することができるようになり、彼らのために自らをささげたいと思っています。

最後になりますが、この奨学金支援に携わっていらっしゃる皆様に心から感謝を申し上げます。

 

【ラオス】奨学生の紹介

医師とは、困っている人を助け、誰かの人生に変化をもたらすことができる人です。それができる医師になるのが、彼女の夢です。
しかし、彼女の前にはたくさんの障害物と、困難があり、夢を実現するのは簡単ではありません
南ラオスの少女

 

彼女は、南ラオスの県の、その中でもとても貧しい田舎に住んでおり、情報の機会が限られていたため、未来に希望が持てずにいました。
お父さんは肝臓がんで亡くなったため、彼女は母親、祖母、そして3人の兄弟と一緒に暮らしています。彼女は末っ子でした。
残念ながら、兄弟のうちの何人かは、家計を支えるために、学校を退学せざるを得ませんでした。

彼女の兄は一家の大黒柱となり、家計を支えていました。彼女の弟は毎日の食事の為に、水田で働くお母さんの手伝いを一日中していました。
彼女は他の兄弟によって支えられています。一番上の兄弟と母親が働いている間、彼らはお互いに助け合い、祖母の面倒を見ています。
その祖母の一日の平均賃金は約25,000キープです。日本円換算すると平均賃金は335円/日に相当します。
6人家族を養うには明らかに不十分です。
一番最年少だったため、働いて家族を助けるために家事労働等で授業を受けられないことも多かっのですが、彼女は学校に通い続けることが出来ました。
兄弟が仕事を探しに行っている間、彼女はおばあちゃんの面倒を見るために授業を欠席しなければなりませんでした
時には、売るための小さいおもちゃを集めに奥深い森林へ仕事を探しに行ったり、臨時で清掃の仕事を懸命に探したりしました

彼女の医師になるという夢は、実現からはるか遠くに離れていきました・・・。
しかし彼女は、奨学金を受けたことで夢を追い続けることが出来ました。(彼女は奨学生制度を2013年以来利用していました。)

奨学金を受け取ったことで授業に集中でき、働くために学校を休む必要がなくなりました
奨学金により、彼女はよりよい生活を手に入れようとしています。彼女は学業に専念しています。

【カンボジア】奨学生の紹介

イム ファリーさん(14才)

おうちの前で

海藻を編んで家計を助けます

私は勉強が好きで先生になりたいから毎日学校に通っています。成績は、クラス33人中6番目です。お母さんは7年前に亡くなり、父は再婚して私たち子どもとおばあさんを置いて他の土地に行ってしまいました。
私の家族には土地がなく、牛も飼っていません。祖母は、近所での仕事を探さなければなりません。仕事を見つけられないときは、海藻でマットを編みます。私も学校がない時は、祖母を手伝います。
私の兄と姉は、生活のために働かなければならなかったので学校を辞めざるをえませんでした。私はどうなるのでしょう。私は学校の先生になりたい。ですが、私の家庭は貧しいので先生になれるかどうかはわかりません。

ハット スレイ リークさん(13才)

金属くずを集めます

おうちの前で妹と

 将来の夢は、先生になることです。私は3人の兄弟がいて、その真ん中です。父は、随分前に亡くなり、母は再婚し私たちを置いて出て行きました。
私、兄そして妹は、祖母の家に身を寄せました。その祖母は年老いていて、病気がちで貧しいのです。私と妹は放課後と休みの日には金属くずを集め、兄は牛の面倒を見る等の仕事を見つけて生活費を稼がなければなりません。
私の兄は、昨年小学校を卒業しました。妹は5年生になります。私は中学校に行けるかどうかはわかりません。なぜなら、兄は学校に行くために必要な筆記用具や洋服、自転車がなかったので中学校進学をあきらめたからです。

ペック ナリさん(13才)

 

 

 

 

 

 

 

おうちの前で

私は、将来は先生になりたいと思っています。私は勉強が好きで学校を続けたいです。成績も悪くないのです。
私には兄弟がいません。私と家族は他人の土地に建てた掘っ立て小屋に住んでいます。父は体が弱く、母も定職がなく一日の収入は15,000リエル(日本円で約400円)です。私も家計を助けるため休日に仕事を探します。
私は勉強を続けたいのです。なぜなら私は本当に先生になりたいのです。私は今年小学校を卒業したので秋には中学生です。でも、中学校に行けるかどうかはわかりません。うちには畑もありませんし、家を建てる土地もありません。中学校で勉強するには学用品が必要でそれらを買う余裕はうちにはありません。 

【ベトナム】奨学生の紹介

ダルニー奨学金のおかげで、中学校を卒業しようとするベトナムの中学4年生がいます。彼は、勉強を続けることをあきらめかけていましたが、奨学金のおかげで、続けることができました。そして、高校を受験する機会を得ました。受験を翌日に控えた彼の手紙を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強を続けるために、高校の入学試験を受けます。今私は、非常に緊張と不安でいっぱいですが、希望を持っています。
私の父は麻薬のために、はやくに家をでてしまいました。そのため、私は自己卑下と不安の中で、いつも生きてきました。
たとえ進級できたとしても、経済的理由で、常に学校をやめなければならないという不安がつきまといました。
ベトナムの正月では、親族一同が集まり、食べ物や贈り物を持ち寄ります。その時、私達家族は何も準備できないので、落ち込んで惨めな気持ちになります。
それに、友達に遊びに誘われるのではという心配をしていました。経済的に厳しい我が家では、そのような時にお金がないからです。
学校の同級生は、経済的に困っている人たちの話を私に聞こえるようにして、ばかにします。
私は貧しい家庭に生まれ、成績は真ん中くらいの生徒でした。多くの海外からの支援は、成績が優秀で貧しい生徒が対象となります。私のような成績が真ん中の生徒には、奨学金の機会にめぐまれないということになります。しかし、ダルニー奨学金は、「より貧しい」が選考基準となっているため、私のような子どもも支援の対象となります。
中学4年生になると、家計を助けるために仕事に就くことを決意し、中途退学をしようとしていました。はるか遠い日本からの支援により、未来を変え、勉強を続けることができるようになりました。勉強を頑張り、奨学金提供者とEDFの好意にこたえるために、私が直面している経済的困難を乗り越えようと決意したのです。
驚くことに、成績が真ん中だった私は、好成績で中学校を卒業しようとしています。
そして、私は高校の入学試験を受験することにしました。
支援をしてくださった方、EDFベトナム、民際センターに感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ミャンマー】奨学生の紹介

何かのせいであなたの夢や、やりたいことを諦めざるを得なかったことはありませんか?

ミャンマーの子どもたちと彼らを見守る先生の声をまずはご覧ください。そしてあなたは、私なら力になれる、そう思うことでしょう。

14,400円で一人の子どもが一年間学校に通うことができます。

 

 イイカインさん(新中学1年生)

家事を手伝いながら、夢のために勉強を頑張るイイカインさん

 

 

私はキャウングコン(Kyaung Kone)小学校5年生のイイカインです。
私は僧侶の父、日雇い労働者の母、そして弟と妹の5人家族です。弟は小学2年生で、妹はまだ学校に行っていません。
父は病気を患っており、母は働いているので、私が毎日の食事の支度や、掃除、妹の面倒を見なければなりません。

このような家の事情があるので、これから勉強を続けていけるか不安があります。
それでも、私はどうしても学校へ行きたいのです。そのために毎日一生懸命勉強しています。
私の夢は大きくなったら、先生になることです。

 

 

 

 サンダー・リンさん(中学4年生)

学ぶことに熱心なサンダー・リンさん。

 

私は中学4年生のサンダー・リンです。私は両親と小学4年生の弟の4人家族です。
私が小学生の時は、生活費が足りず、大変な思いをしました。
しかし、中学1年生から4年生まで民際センターから奨学金を受けることができたので、とても助かりました
いただいた奨学金で学費を支払いました。奨学金のおかげで私は安心して勉強することができました
支援者してくださったみなさんに心から感謝しております。
私は来年から高校生になります。
ですが、父は病気で、母は一人で家族のために働いているので、高校に進学するのが大変です。
また、私は父の看病もしなければなりません。それでも私はどうしても勉強したいのです。

 

 ダルニー奨学金担当の先生

生徒のために一生懸命な先生。

 

皆さん、こんにちは。私はキャウングコン(Kyaung Kone)中学校に勤務している教員です。民際センターが私たちの中学校だけでなく、フタンタピン( Htantapin)町の貧しい子どもたちに奨学金を支援してくださったことを、子どもたちにかわって感謝の言葉を申し上げたいと思います。私は、教員をしていて、貧しい子どもたちの姿を見るたびに、考えることがありました。それは、私たちはどうしたらこの子たちが笑顔で勉強している姿を見ることができるかでした。

フタンタピン( Htantapin)町では、民際センターが貧しい子どもたちへ奨学金の支援をしてくださったので、私たち教員は子どもたちの笑顔を見ることができました。それに保護者の方々も、子どもたちが安心して勉強できることに喜んでおりますし、私自身も大変うれしく思っております。本校は来年度中学1年生になる生徒が25人いて、そのうち20人の生徒が貧しい家の子どもたちです。
彼らが奨学金を受けることができればこんなに嬉しいことはありません。今後ともよろしくお願い致します。

 

 

支援国の子どもの状況報告

タイ タイ

  【タイ】あなたの子どもの頃の夢は何でしたか? Share a dream

  【タイ】もっと勉強したい①(中学・入学予定/卒業予定・ダルニー奨学金担当先生それぞれのお話し)

  【タイ】もっと勉強したい②(中学・入学予定/卒業予定・ダルニー奨学金担当先生それぞれのお話し)

  【タイ】もっと勉強したい③(中学・入学予定/卒業予定・ダルニー奨学金担当先生それぞれのお話し)

  【タイ】ソンポンさんからのメッセージ(タイ人元奨学生は、経済的自立を果たし、故郷の後輩を教育支援)

 

ラオス ラオス

  【ラオス】奨学金申請をしている小5の生徒、ライラ(中学校に行きたい)

  【ラオス・カンボジア】奨学金支援キャンペーン:ラオスの奨学生のご紹介(富士通ユニティ労働組合 支援)

  【ラオス】ラオスの子供達に夢を叶えるチャンスを

 

カンボジア カンボジア

  【カンボジア】カンボジアにおける女の子と教育

  【カンボジア】奨学金を申請している小6の生徒、ライダ(中学に行きたい)

  【カンボジア】中2で16歳のカンボジア奨学生

  【カンボジア】カンボジアの奨学生 -きょうだいはみな小学校を中退。奨学生のスレイの将来は?-

  【カンボジア】カンボジアの奨学生チューイと双子の妹

 

ベトナム ベトナム

  【ベトナム】ベトナムの奨学生リンさん

  【ベトナム】人に対する「愛と思いやり」(ナムチン中学校校長先生ブチホンサンさんの手記より)

  【ベトナム】息子には同じ思いはさせません。(ベトナム奨学生の母親からの手紙)

  【ベトナム】第1期ベトナム奨学生70名が中学を卒業!

  【ベトナム】枯葉剤の被害に遭いながらも頑張る奨学生

  【ベトナム】ベトナムの奨学生 激しい雨が降った卒業式

 

ミャンマー ミャンマー

  【ミャンマー】ミャンマーの3人のダルニー奨学生

  【ミャンマー】ミャンマー事務所レポート(遠く貧しい村の中学校の先生になって)

  【ミャンマー】奨学生ピアエの家族

  【ミャンマー】早朝の学校の風景

  【ミャンマー】二人の奨学生の生活