カンボジア

カンボジア

 

カンボジアは、1953年にフランスから独立しました。

軍部クーデターや米軍による国境地帯への爆撃、続くポルポト政権(75~79年)下で教師や医者など、農業非従事100万人以上の大虐殺。

99年まで内戦が続き、人心や国土が荒廃していました。

しかし、2004~2007年の間、縫製業や観光業が順調で、2ケタの経済成長を達成しています。

 

【基本情報】

面積:1万平方キロメートル(日本の1/2弱)

人口:1,533万人(2014年 World Bank, World Development Indicators database)

一人当たりのGDP:1,090米ドル(2014年 World Bank, World Development Indicators database)

 

【支援地域状況】

カンボジア

 

ダルニー奨学金を提供している対象県は、現在、コンポンチュナン、カンポット、タケオ、ポーサット、コンポンスプーの5県です。

 

【教育事情】

現地の教育の概要と特色

学校制度

6・3・3・4制

義務教育期間

6歳~14歳(小学校6年間、中学校3年間)

学校年度

毎年10月~翌年7月(8月~9月は夏休み)

学期制

【2学期制】
1学期:10月~4月上旬
2学期:4月下旬~7月

教育概要・特色

○1970年代後半の独裁政権により、カンボジアの教育システムは崩壊し、教員や教科書が極端に不足するなどの危機的事態に陥った。
独裁政権崩壊後は、各国の支援を受けながら、教育システムの復興が現在も続けられている。
○教室や教師の絶対数が不足しており、午前/午後の二部制授業の実施を強いられている。また、不十分な学習時間を補うため、放課後に民間の学習塾に通ったり、同じ学校の先生が有料で学習指導をしているケースも見られる。
○学習内容は、国語・書き方・作文・算数・歴史・理科等が中心であり、美術・音楽・体育と言った科目はほとんど行われていない。中学校から外国語教育が行われており、英語か仏語を選択する。

 

現地の学校段階別教育の概況

義務教育

9年間の義務教育を受けることが憲法に規定されているが、小学校の就学率が約69%、中学校に至っては約17%と極端に低くなっているのが現状。
特に地方農村部では子供が貴重な労働力となっているため、義務教育課程においても、出席日数が足りずに留年する児童も多くなっている。

義務教育の学校段階種類および就学状況

小学校(初等教育):6歳~11歳(第1~第6学年)、就学率約69%
中学校(前期中等教育):12歳~14歳(第7~第9学年)、就学率約17%

カリキュラム・教授言語

教授言語はクメ-ル語

義務教育段階の学費

義務教育は原則無料であるが、制服や学用品等の必要経費は保護者が負担する。

スクールインフォメーション

年に2回テストがあり、100点満点で採点され試験後に書面で成績評価が報告される。
課外活動、生徒会活動、カウンセリングは一部でしか実施されておらず、PTAも活発ではない。

(出典:外務省 アジアの国・地域別都市一覧)

 

【奨学金申請中の子ども】

プンの家

 

プンの家の壁は隙間だらけの木と葉でできていて、寒い日には冷たい風が入ってくるはずです。

火をおこす場所はありますが、台所は見当たりません。この家には部屋が1つしかないからです。

 

両親の仕事は農業。数カ月分のお米がありますが、次の収穫まで間に合うかどうか。足りなくなったら、近所から借りることになります。

ご飯は、お米以外ほとんど何も食べてない様子です。家庭の年収は現金に換算すると260ドルぐらいです。

家から100メートルのところに井戸があり、プンは毎日水を運びます。

それだけではなく、お母さんを手伝って幼い妹の世話も料理も掃除も洗濯も動物のえさやりもすべてします。

 

私たちが訪ねた日、彼女は制服を着ていましたが、裸足でした。「自分の靴はもっていない」のだそうです。

栄養不足と劣悪な衛生環境ゆえ彼女は最近、2度も腸チフスにかかりました。

 

【現奨学生の生活】

奨学金で学校に通うチヴチューイ

 

奨学金で学校に通うチヴチューイ(10歳)は4年生。6人きょうだいの3番目です。

両親は農作業の日雇い労働者ですが、収穫時期が終わると仕事を見つけるのが大変で、収入の無いときは食べ物も十分にありません。

チヴチューイの日課は水汲み、家の掃除、牛の世話、幼いきょうだいの面倒も見ます。休日は木を運んで煮炊き用の薪にします。

お姉さんは遠距離にある繊維工場に勤めて、家計を助けています。それでも、食べ物がなくなると、祖父母や隣人からお金やお米を借ります。

 

チヴチューイの得意科目は国語。

「将来、警察官になりたい」と夢を語りました。

 

【支援国カンボジアの教育情報】

 9年間の義務教育の普及を目指す政府。しかし親の負担は大きい

 カンボジアが抱える教育問題

 

寄付ボタン