ラオス学校・教室建設

民際センターでは、新しい中学校の創設のための学校建設と、中学校の教室を1教室から建設する2種類の事業を行っています。

 

ラオス学校建設

ラオス学校建設

校舎の量的不足・質的劣悪さを解消する、ラオスの土と木で造る環境に優しい快適な校舎を建てるプロジェクトです。

 

【プロジェクト発足の経緯】

ラオスの旧校舎と新校舎

ラオスの子どもたちが教育の機会に恵まれない原因の一つに、校舎の量的不足・質的劣悪さがあげられます。

壁や床の無い校舎が多く、数も不足しています。

机や椅子などは竹を使ったり、木材の端材を使用したりしている学校が多く、子どもたちはノートを取るのも大変です。

そこで、民際センターでは教師育成や保健衛生サービスなどのソフト面の支援と校舎建設といったハード面の支援を行っています。

 

【プロジェクトの特徴】

【支援できる国】ラオス ラオス

 

1. 自然環境に優しいレンガ作りの学校

レンガ造りの学校  ラオス学校建設の焼きレンガ

(写真左:釜戸 右:焼きレンガ)

ラオスの建築は一般に、釜戸で木々を大量に燃やして作る焼きレンガを使用します。

環境破壊を最大限考慮し、現地の赤土と少量のコンクリートを混ぜ固めるブロックレンガを使用しています。

ブロックレンガは安価で容易に作ることが可能なだけではなく、建築時に木々を燃やす必要がありません。

大事な木はトラス・梁・柱のみに使用します。

 

2. 自然採光・自然換気を取り入れた快適な教室

ラオス学校の教室構造

ラオスのインフラは未だ脆弱です。都市部以外では電気が普及していない村が多く、自然光だけで教室内を明るくする必要があります。

天井・窓・ドアを明るい色で塗装したり、掲示板を白板にしたり工夫しています。

高窓も風や自然光が入りやすい造りになっていて、心地よい風が教室を常時通り抜けます。

ラオス学校の校舎

ラオスは雨季と乾季に分かれており、暑い時期には気温が40度を超えます。

涼しく保つために校舎両側へ高木を植え地表温度を下げたり、校舎の長手を東西軸に配置して直射日光が教室に入らないよう工夫しています。

ぜひ、皆さまのあたたかいご支援をお願い申し上げます。

 

問い合わせボタン

 

【基本方針】

ラオス学校の基本方針

【建築ボランティア 加藤氏のご紹介】

加藤隆久さん

一級建築士 加藤隆久さん

 

ラオスの子どもたちの学びやすい環境づくりを手助けするために、一級建築士・加藤隆久氏(新宿NSビル、聖路加ガーデン、JR東日本本社ビルなど設計)のご協力のもと、民際センターでは安全で耐久性に優れ、心地良い学校づくりを目指しています。

「その環境の中でベストのもの、そこにしかないものが出来ます。そして、造られた建築が今度は環境に新たなプラス要素となるよう心がけています。」

長年の功績が称えられ、建築家 加藤隆久氏および一般財団法人(当時) 民際センターは、2010年日本建築学会賞を受賞しました。

また、加藤氏はラオス政府より勲章を授与されました。

 

問い合わせボタン

 

ラオス教室建設

中学校1棟を建設するのでなく、中学校の教室を1教室ずつ建設します。なお、教室建設は、学校建設と異なり、ラオス政府仕様の教室を建設します。

 

【プロジェクトの特徴】

【支援できる国】ラオス ラオス

 

支援者のご希望に合わせて、1教室から建設が可能です。

たとえば、教室を増築したり、4教室(中学校1年から4年まで各1教室)を完成させたりすることができます。

また、数年かけ1つの学校を完成させることや、複数の支援者により1つの学校を完成させることも可能です。

中学校のない村に教室を建設する場合と、教室不足の中学校に建設する場合があります。現地の要望に合わせて、必要な村に建設します。

 

【過去の事例】

1教室の教室建設支援が決まった後、村人から協力の申し出がありました。村人の協力を得ることにより、2教室を建設することができました。

教室建設を通して、村人に対して教育に関する啓もうを図ることができます。

村人を巻き込むことにより、建設後も中学校教育に村人が参加することが望めます。

 

▽ 教室の外観

ラオスの学校

▽ 教室の内観

ラオスの教室風景

 

問い合わせボタン