ラオス

ラオス

 

内陸国で人口も少ないため、宗主国だったフランスはラオスを植民地支配したものの、道路、鉄道、病院、学校等の社会インフラを積極的に建設しませんでした。

そのため、1953年に独立しても、しばらくの間、高校は首都のビエンチャンにしかありませんでした。

現在も重債務貧困国ですが、2000年代半ばに中部で鉱山が発見され、貿易収支が赤字からわずかな黒字に転換。

政府の税収も改善されつつあります。

 

【基本情報】

面積:24万平方キロメートル(日本の本州と同じ程度)

人口:669万人(2014年 World Bank, World Development Indicators database)

一人当たりのGDP:1,760米ドル(2014年 World Bank, World Development Indicators database)

 

【支援地域状況】

ラオス

 

民際センターが支援している県は中南部の4県(カムアン、サワンナケート、サラワン、セコーン)です。

支援対象地域の家庭のほとんどは農業を生業としています。

メコン川やその支流に近いほど農産物の収穫が多く、対岸のタイに出稼ぎに出て収入を得る機会はありますが、奥地に入るほど水不足が深刻です。

そして、出稼ぎの機会は少なくなります。

 

【教育事情】

現地の教育の概要と特色

学校制度

5・4・3・5制

義務教育期間

6歳~10歳(1学年~5学年)

学校年度

9月1日~6月1日

学校年度

【2学期制】
1学期:9月1日~1月31日
2学期:2月1日~5月30日

教育概要・特色

ラオスにおいては、義務教育である初等教育(小学校)は、就学年齢に特段の定めがなく、概ね6歳で小学校の第1学年に入学している。
義務教育ではない中等教育(中学校、高等学校)への入学率は、地方では未だ低い水準にあるが、首都であるビエンチャン特別市をはじめとする都市部では、教育熱が高まっており、中学校、高校への入学率も高く、更に高等教育(大学、職業訓練専門校等)へ進む者も多い。 ラオスにおける教育が直面する問題として、先ず、政府の教育予算が極めて少ないという点が挙げられる。
このため、適切な校舎がない、生徒数に対する教室数の不足、教科書がない、教員の数及び能力不足、適切な訓練・研修を受けていない無資格の教師の存在、教師への給与支払いの遅延、教育行政能力の不足等の状況が生じている。
また、初等教育においては、貧困、通学困難、保護者の学校教育に対する意識の低さに加え、少数民族の児童はラオス語を生活言語としないため、授業を受けるのが困難等の理由により、入学後に退学する児童が多いことも問題となっている。

 

現地の学校段階別教育の概況

義務教育

就学年齢での入学率は84.2パ-セント。6歳前でも入学できる一方、10歳を超えて入学する例もある。
就学人口に対して学校の数、質ともに十分でなく、午前と午後に分けた2部制を実施している例も多い。
また小学校の教師の19パ-セントが適切な研修も受けていない。
教科書やノ-ト類も十分なく、教科書は教師だけが持ち、児童生徒は教師の話を聞き取るか、黒板に書かれたことを持参したノートに書き取っている。

義務教育の学校段階種類および就学状況

小学校:6歳~10歳
1学年~5学年までの5年制。
入学率は84.2%であるが、退学率は平均8.9%(ただし、第1学年では34.1%)と高い。

カリキュラム・教授言語

教授言語はラオス語で、教科はラオス語、算数、私たちの身の回り、芸術、体育、音楽、工芸など。

義務教育段階の学費

授業料は無料であるが、施設修繕費として負担を求められる場合がある。

スクールインフォメーション

進級のために必要な出席日数が定められている。
また小テストが実施され、成績評価の基となる。
ビエンチャン市の学校では制服が普及しているが、地方の学校では制服は一般的ではない。

(出典:外務省 アジアの国・地域別都市一覧)

 

【いまだ ラオスに埋まる不発弾】

ラオスは1996年から年間合計約8~9百万ドルの支援を(米国も含む)各国から受けてきました。

14年間で撤去された不発弾地域は計25,000ヘクタールに及びますが、これは被爆地域の1%でしかありません。

毎年、不発弾の為に約300名の命が奪われています。ラオス政府は、不発弾による死亡数を300から70名まで低減するよう対策を図っています。

 

ラオスのクラスター爆弾

 

1964〜73年の間、米国により2百万トンを超す爆弾がラオスに投下されました。

その中には2億8千8百万発のクラスター爆弾が含まれていました。また、それらのうち、75万発が不発弾としてラオスに残されたといわれています。

統計によると、ラオスは人口一人当たりに対して、世界最大の被爆国となっています。

 

【奨学金申請中の子ども】

奨学金申請中の子ども

 

小2のトール君は長男で、下には5人のきょうだいがいます。

日課は水汲みから朝夕の食事の用意、皿洗い、そして何よりも森に入って食べるものを探します。

というのも、両親は農業をしていますが、小さな水田でとれるお米は家族の消費量のわずか3か月分。

近隣の農家を手伝って得る両親の現金収入は月平均1000円にも満たないので、いつも食べるものが不足しているからです。

トール君の成績はクラスで1,2番。病気の時以外は、くたくたになるまで働いても学校を休みません。

 

【現奨学生の生活】

ラオスの奨学生の生活

 

ダルニー奨学生のドクラックは現在、小4で、両親、きょうだい3人の5人家族です。

奨学金をもらう前は、制服も学用品も不足しがちでしたが、今は十分揃っています。そのため、成績も上がりました。

もともと勉強は好きですが、長女として水汲み、弟の世話、薪拾い、田植え等で忙しく、家では思うように勉強できません。

将来、看護婦になりたいドクラックは中学にも行きたいし、両親も反対はしていませんが、家族の貯金はゼロ。

毎日の食べるものにも事欠く生活です。

 

【元奨学生のその後】

ダオサバイさん

 

ラオス奨学生1期生のダオサバイさんは8人きょうだい。

家庭は「とても貧しかった。それで先生が奨学金のことを教えてくれた」そうです。そして中学3年までの6年間、ダルニー奨学金を受けました。

「奨学金を受けるようになって、勉強への意欲が湧いてきました。勉強できるチャンスが与えられたのですから、一生懸命勉強しました」。

 

ダオサバイさんは将来、小学校の先生になるべく、現在はサワンナケート県にある教師養成カレッジに通っています。

学費は、彼が卒業した小学校で教師をしているお姉さんが払っています。

 

「教育は長いプロセスですが、必ず見返りがあると思います。

私たちの国では人々が教育を受け、その教育を受けた人が国の発展にために尽くすことが大事です。

奨学金を提供してくれた方への恩返しの意味でも、一生懸命勉強して良い教師になり、国の発展のために尽くしたいと思っています」。

 

【支援国ラオスの教育情報】

中学入学時に1人22.5ドルの登録料が必要

 

寄付ボタン