奨学金(ダルニー奨学金)

ダルニー奨学金とは

ダルニー奨学金は、経済的貧困のため教育の機会に恵まれないラオス・カンボジア・タイ・ベトナム・ミャンマーの子どもたちの中学就学を支援する国際教育里親システムです。

ダルニー奨学金の特徴

ダルニーちゃんとの出会いが支援のきっかけに

1987年、友人であるタイ人留学生の帰省に同行して初めてタイ東北地方を訪れた民際センター理事長秋尾は、村人たちからここはタイで最も貧しい地域であり、小学校卒業後、すぐに働きにでる子どもも多く、今自分の膝の上にちょこんと座っているこの子どもも、同じ境遇であると聞かされました。
帰国した秋尾が友人らに支援を募ったのが奨学金提供のはじまりです。 そして、膝の上に座っていた子どもの名をとって「ダルニー奨学金」と名付けました。彼女は現在、タイ事務局(EDF-Thai)で働いています。

1対1の顔の見える支援です

自分が支援する子どもの成長が実感できる里親型の寄付制度です
ダルニー奨学金は、支援する方が、どの子どもを支援しているかがはっきりわかる、里親型の奨学金制度です。
支援される子どもも、誰が支援してくださっているかがわかる1対1の顔の見える支援です。

わかりやすい支援システムです

1年に14,400円(1ヶ月あたり1,200円)で1人の子どもが1年間学校に通えます
ダルニー奨学金は、14,400円(1ヶ月あたり1,200円)で1人の子どもが1年間学校に通うことを支援する制度です。奨学生は、学校の成績ではなく「(経済的な)貧しさ」を基準に、県教育委員会や教師らが選考委員となって選考しています。
現金を支給するタイでは、奨学金が生活費などに使われないように生徒名義の銀行口座から教師との連署でのみお金が引き出せるシステムが確立されており、ラオス、カンボジア、ミャンマーでは制服や教材・カバン・靴などの学用品を現物支給しています。ベトナムでは現金が学校に提供されます。そして学用品を購入し奨学生に支給します。

延べ38万人以上の子どもに奨学金を提供しています

多くの方の子どもの未来を思う心に支えられ、毎年約1,5万人、延べ38万人以上の奨学金を提供してきました。
1987年より開始したダルニー奨学金は、毎年約1,5万人、今日までにラオス・カンボジア・タイ・ミャンマー・ベトナムの延べ38万人以上の子どもに奨学金を提供してきました。
支援いただいている方の多くは個人の方々で、子どもたちが学校で学び、自分の夢を実現してほしいという多くの想いに支えられています。
支援者の方々からは、支援を通じて、自分も夢や希望を子どもたちと共有し、毎日を楽しく、生き生き過ごすことができるという声をいただいています。
  • クレジットカード
    今すぐ寄付をする
  • 郵便振替
    今すぐ寄付をする
  • 銀行自動引落
    今すぐ寄付をする

各国への支援内容

支援金の内訳
ご支援いただいた14,400円の内、約75%にあたる10,900円が奨学生に提供され、約25%にあたる3,500円が運営管理費にあてられます。
奨学生への提供方法
タイは預金通帳で、ベトナムは現金で提供します。タイでは先生との連署でのみ引き出せるシステムです。ベトナムでは親に使徒目的について誓約書を書かせ、学期ごとに支給します。
ラオス・カンボジア・ミャンマーでは近隣に銀行がないので、学用品を現物支給します。学用品には制服・カバン・靴・ノート等が含まれます。

ダルニー奨学金の提供国、提供学年

中学生 ラオス カンボジア タイ ベトナム ミャンマー
学年 中1-中4 中1-中3 中1-中3 中1-中4 中1-中4

※ダルニー奨学金は、中学入学から卒業までを支援しています。

ダルニー奨学金の支援コース

<1年のみコース>

1年(1回)のみの支援です。継続して同じ子どもを支援することはできません。

<卒業までコース>

入学から卒業までの3年間(タイ・カンボジア)/4年間(ラオス・ミャンマー・ベトナム)の継続支援です。同じ子どもを入学から卒業まで見守ることができます。※ご自身で期限までにお支払いいただくコースです。

<自動引落コース(年1回払い・年2回払い・年4回払い)>

入学から卒業までの3年間(タイ・カンボジア)/4年間(ラオス・ミャンマー・ベトナム)を1サイクルとした、支援中止をされるまで継続する支援です。子どもが卒業した次年度は別の子どもをご支援いただきます。
※年1回払い:1年に@14,400円×1回をお支払い、年2回払い:1年に@7,200円×2回をお支払い、年4回払い:1年に@3,600円×4回をお支払い

  • クレジットカード
    今すぐ寄付をする
  • 郵便振替
    今すぐ寄付をする
  • 銀行自動引落
    今すぐ寄付をする

奨学生の選考と使途

<選考>
学業成績ではなく、『より経済的に貧しい』が選考基準です。
各国の現地の郡・県/学区の教育委員会や地元教師が選考委員として厳正に奨学生を選考します。
<使途>
制服・教材・文房具・運動着・靴・交通費などにダルニー奨学金は使われています。
タイでは銀行口座に現金が振り込まれ、教育費としてのみ奨学生と担当教師との連署で引き出しが可能です。
ラオス・カンボジア・ミャンマーでは奨学生に現物(制服・教材等)で支給され、ベトナムでは学校へ現金が支給されます。

スケジュール

ラオス カンボジア タイ ベトナム ミャンマー
中学入学 9月 10月 5月 9月 6月
入金締切 7月末 7月末 3月末 3月末 3月末
写真・証書お届け 12月中 12月中 8月中 12月中 8月中

例:タイの場合 ※諸般の事情によりスケジュールが若干遅延する場合がございます。

ダルニー奨学金のながれ

為替レート変動に伴う処理

為替レートの変動により、余剰が生じた場合は、経済危機などがあってもダルニー奨学金を途絶えさせないための財源、 中途でキャンセルされたダルニー奨学金の補てん、事務局運営費不足分に充当し、さらに付帯する現地教育関係事業への助成金として活用しています。

奨学生との結びつき

ダルニー奨学金証書

支援する奨学生の写真と報告書が年に1回、各現地事務所から届きます。 奨学生の成長を3年間、毎年届く写真で確認できます。

ニュースレター

定期刊行物「ダルニー通信」が年2回、送付されます。現地の子どもの情報や支援者の活動紹介など、毎回さまざまな情報が満載です。民際センターの決算報告書」も年1回届きます。

プレゼント(タイ・ラオスのみ)

春の進学、冬のクリスマス・お年玉シーズンなど、支援している奨学生個人にプレゼントセット、または奨学生が通っている学校に教育支援セットを贈ることができます。セットの内容は、文房具、本、スポーツ用具など、子どもたちの教育に役立つ品を揃えています。

文通(タイのみ)

奨学生と手紙のやり取りが可能です。
支援者が簡単な英語で奨学生に手紙を書くことから開始してください。タイでは中学で英語を学ぶので、奨学生も手紙を読めます。仮に、タイ語で返事がきたら、民際センターの翻訳ボランティアに和訳依頼ができます。

  • クレジットカード
    今すぐ寄付をする
  • 郵便振替
    今すぐ寄付をする
  • 銀行自動引落
    今すぐ寄付をする
様々なプロジェクトにご参加いただいている支援者さまの声をご覧頂けます
支援者の声を見る
ページの先頭へ戻る