EDFベトナムから日本へのメッセージ

日本の支援者の皆様へ

昨今の豪雨による西日本での被害や北海道の地震など、ベトナムから日本のニュースを見ていて大変心を痛めている今日この頃ですが、皆様は如何お過ごしでしょうか。
さて、この9月5日、ベトナム全土の学生が2018〜2019年度の始業式に出席しました。そして、日本の寄付者の優しさにより、喜びと興奮で奨学金を受け取った学生も同様に始業式に出席しております。
子どもたちがドロップアウトする危険から免れ、始業式に出席できたことはとても幸運だったことを意味しています。まさに奇跡のようなものです。

ベトナムの貧しい子供たちにこのような奇跡を起こして頂いた遠く離れた日本の方々に心より敬意を表したいと存じます。

それゆえに、学校に行ける喜ばしい雰囲気の中でも、恩人である日本の方々が度重なる災害、特に西日本地区と北海道において苦しんでいる方々が多数いらっしゃることをニュース聞いて、生徒たち全員心配すると同時に心を痛めております。

ベトナムのマネージング・ダイレクターとして、日本の事務所の職員同様に、奨学金をご支援頂きました奨学生に成り代わり、心より御礼申し上げると共に、被災した日本の皆様に心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。 また、被災地の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

In honor of my heart, I would like to say :
We pray for Japan.
Stay strong, Japan!

 

EDF-Vietnam / Managing Director

Nghiem CAM VAN


 

 

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です