2015年度 ベトナム奨学金 にご協力をお願いいたします!

従来、ベトナム奨学金は毎年7月20日を締切とさせていただいておりましたが、奨学生選考の都合上、2015年度のベトナム奨学金(新中学一年生への新規ご支援)は2015年3月20日に変更させていただくことになりました。

※現在、ベトナム奨学金を継続支援(2015年度に新中学二年生、新中学三年生、新中学四年生になる奨学生)いただいております皆さまの締切は、通常通り7月20日となります。

 

近年、経済発展目覚しいベトナムは私たち日本人から見ても、「貧しい」とは言えない国へと変容しつつあります。

しかしながら、過去、日本もそうだったように、経済発展の裏で、都市と地方の間には、所得格差、高インフレ、失業・・・等々といった様々な問題が生まれています。つまり、地方の農村部で暮らす貧困家庭の多くは発展から取り残され、さらなる貧困にあえいでいくことになるのです。

また、今年2015年はベトナム戦争終戦から40年という節目の年となります。

しかし、戦時中にアメリカ軍が使用した枯葉剤に含まれる「ダイオキシン」による被害は子々孫々と続いています。

 

現在、全国で500万人近くがダイオキシンの影響を被っており、その半数近くは第3世代の子どもたちだと言われています。

そこで、民際センターでは、奨学金提供数の10~20%をダイオキシン被害者に充てる優先支援を行っております。

 

奨学金を申請している子どもは経済的身体的弱者の子どもばかりです。

お願いばかりで大変恐縮ではございますが、皆さまには更なるご協力を切にお願い申し上げます。

 

寄付ボタン

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です