企業・団体の方

企業の支援活動実施パートナーとして、全国多数の企業・団体の皆様にご支援いただいております。

社員参加による募金活動やその他活動、チャリティーイベントの開催、物品提供など、積極的なご支援に感謝いたします。

 

三菱商事株式会社 様

三菱商事株式会社

三菱商事の社会貢献活動は、「地球環境」「福祉」「教育」「文化・芸術」「国際交流」の分野が中心です。

世界各地の社員が自発的に参加して汗を流すとともに、継続して活動に取り組むことを重視しています。

また、当社では、社員一人ひとりが社会貢献に対する意識を高めていくことが重要と考えています。

社員のボランティア活動への参加を促す、さまざまな取り組みを進めています。

 

三菱商事株式会社

たとえば、年間最長5日間のボランティア休暇取得制度や、昼休みなどに気軽に参加できる社内プログラムを定期開催しています。

ダルニー奨学金では、2009年度にラオス50名、2010年度にカンボジア50名、小学校卒業までの3年分の奨学金を支援しました。

今後も子供たちの笑顔につながる支援を行っていきます。

 

MS&ADインシュアランスグループ 様

MS&ADインシュアランスグループ

『第17回 バレンタイン・チャリティコンサート』

274名が来場!17回目で支援する奨学生が300名を突破!

 

2012年2月、三井住友海上駿河台ビル大ホールにて、MS&ADゆにぞんスマイルクラブとMS&AD軽音楽部の共催によるコンサートを開催しました。

1996年に住友海上にて始まった当イベントも、早いもので第17回を数えるに至り、実績と歴史のあるイベントとして大きな飛躍を遂げました。

会社自体も2001年には三井海上と合併し、2008年には持株会社体制へ移行、さらに2010年にはあいおいニッセイ同和損保と経営統合。

大きく発展し、軽音楽部も順調に規模を拡大、現在ではグループ各社合わせて総勢約50名の部員を擁する団体へと成長いたしました。

 

MS&ADインシュアランスグループ

本イベントでは、チケット売上金に、海外含めたグループ社員・来場者からの募金も上乗せし、全額寄付させていただいています。

前回までに計264名の子どもたちを支援してまいりました。

今回はさらに、未使用プリペイドカード・切手、書き損じハガキなども回収・換金の上、寄付金に上乗せし、最終的に過去最高159万円を寄付させていただくことができました。新たに53名に奨学金贈呈できる運びとなり、累計支援人数は317名に達しました。

 

例年、タイ・ラオス・カンボジアを支援しておりますが、今回は特に洪水被害が深刻であったタイを中心に支援させていただきました。

同地域の一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げるとともに、奨学生が未来の国を担う人間へと成長されることを今から楽しみにしております。

 

さて、今回のコンサートには当社グループ社員で構成されるバンド3組(総勢24名)が出演し、メドレー曲を含め全18曲を演奏しました。

昨年は叶わなかった当社グループ・チアリーディングチーム「ドルフィンズ」(6名)とのコラボレーションも実現できました。

おかげさまで、274名ものお客さまに来場いただき、大好評のうちに幕を閉じることができました。ありがとうございました。

 

NGOゴスペル広場 様

NGOゴスペル広場

「楽しい時間のために使ったお金が、別の場所で大きな力になる」

これを合言葉としたゴスペルグループとして、2007年設立当初からダルニー奨学金はじめ、いくつかの国際協力団体を支援させていただいています。

ダルニー奨学金支援のきっかけは、代表のナナ・ジェントルが以前から支援者であったこと。

 

NGOゴスペル広場

写真付き報告書やニュースレターがわかりやすく、「1万円で1年間」という明確さで具体的な一人一人の子どもを支援できるのがよいですね。

2010年9月時点で「ゴスペルスクエア」「サニーサイドゴスペルクラブ」の2グループを運営し、全国11拠点に約1000人のメンバーがいます。

その中で、ゴスペル会費やチャリティーイベント収益による支援のほか、メンバーの自主的な提案で手芸部を発足。

手作りエコたわし販売で1万円を目指したり、個人ライブの利益を奨学金に頂いたり、メンバー自身が楽しみ積極的に関わっているのが嬉しいです。

 

トヨタ自動車株式会社 トヨタボランティアセンター 様

トヨタ自動車株式会社

「会員みんなが参加でき、長く続けることのできる社会貢献活動が何かないだろうか」。

そんな社内の職制会からの相談に対して、当時「書き損じハガキを集めれば、タイの子どもたちを支援できる」と話題になっていた「ダルニー奨学金」の活動を紹介したのが、民際センターとのお付き合いのはじまりでした。1999年のことです。

その職制会(トヨタ自動車SX会)は、10年以上にわたって、社員に対して粘り強く奨学金の説明を行い、回収ボックスを設置するなどして収集活動に取り組んでいます。

メールでのやりとりが当たり前になり、ハガキの利用が減っている昨今ですが、毎年数千枚の書き損じハガキを集めて民際センターにお送りしています。

 

トヨタ自動車株式会社

この活動が浸透したのは、毎年届けていただける証書と写真で、支援させていただいている子ども達の成長を実感できることだと思います。

同じ世代の子どもを持つ多くの社員たちにとって、ダルニー奨学金は心から共感ができる活動といえます。

また、本年には、民際センターのご担当の方のお話を直接伺うことで、貧困という社会課題の解決につながっていることを実感し、参画意識の向上や、収集活動の活性化に繋げていくことができました。

現在はSX会だけでなく、他の職制会や、トヨタボランティアセンターが主催する全社的な収集キャンペーンでも、書き損じハガキを積極的に収集しています。

ひとりひとりの力は小さくても、多くの社員の参画によって、ひとりでも多くの子どもたちが笑顔で学校に通うお手伝いができるよう、今後も大切に取り組んでまいりたいと考えております。

 

財団法人大同生命国際文化基金 様

財団法人大同生命国際文化基金

「当財団とラオス、民際センター様とのかかわりは、設立母体である大同生命保険株式会社の100周年記念事業に端を発する。

当財団は100周年記念事業の一環として民際センター様に委託し、2004年にシヴィライ校、ピアマイ校の2校の学校を竣工させ、教育環境の整備を行った。

この学校建設は、当初、予期しなかった住民の教育意識の改革と向上という効果を生み出した。

この効果を踏まえ、当財団の自主事業として2013年までに計4校を建設することとした。

 

財団法人大同生命国際文化基金

また、ソフト面からの支援として民際センター様に委託し、2教員養成短大で奨学金制度の実施、小学校等への図書寄贈の開始。

独自に、日本理解の一助として人物伝等の翻訳出版を行っている。(これまでに3作品出版)

これらの事業は、学校建設とソフト面からの支援により教育意識の改革と向上をラオスにもたらすと考えており、将来的にラオスと日本の相互理解の促進に役立つと確信している。このことこそが、民際センター様の最終的な目標でないかと考えている。

 

全日本電線関連産業労働組合連合会 様

全日本電線関連産業労働組合連合会

全電線では、1994年度運動方針の決定に基づき、地球環境の保全や人々の平和な暮らしを守るために、独自の社会貢献活動を展開していくこととなりました。

具体的な取り組みについては、全電線としての援助が形となって見え、且つ心の通った活動としたいという基本的な考え方をもとに「支援先」について検討をしていたところ、上部団体を通じ、当時の日本民際交流センター(現在の民際センター)が実施していた「国際教育里親援助(ダルニー奨学金制度)」の活動に賛同をし、支援を行うこととなりました。

1996年6月には「ダルニー奨学生激励訪問団」を設置し、現地にて奨学生の自宅にホームステイをするなかで生活に触れながら、通っている学校を訪れるなどの視察・体験を行ってきました。

その当時の報告書には、現在の日本の子どもたちが忘れかけている、前向きな学業に対する姿や、それぞれの家庭での役割分担が鮮明に記載されており、訪問者全員が「“ダルニー奨学金制度”は今後も続けていくべき」と締めくくられております。

 

全日本電線関連産業労働組合連合会

それから16年間、昨年までに960名の奨学生に対し支援活動を行うなかで、民際センターを通じて毎年送られてくる、奨学生たちの輝かしい笑顔の写真や、手紙を受け取るたびに、活動の意義を感じております。

今後についても、引続き傘下39単組のご支援・ご協力を得るなかで取り組んでいきたいと考えております。

 

富士通ユニティ労働組合 様

富士通ユニティ労働組合

私ども『富士通ユニティ労働組合』は、2002年に、社会貢献活動と、組合結成10周年を記念した取組みとして、ラオスへ「学校を贈ろう」と題し、“学校建設支援と奨学金支援”活動をスタートしました。

これまでにラマラー村とピアマイ村に小学校を建設し寄贈しました。

これらは建築士の加藤先生が様々な工夫を凝らしご設計した学校で、暑いラオスでも快適な環境で授業ができる素晴らしい校舎です。

今年、加藤先生はそれら(他20校以上)が評価され、日本健築学会賞を受賞。私達も嬉しい思いでいっぱいです。

奨学金支援の具体的な取組みとして、ラオスの新学期にあたる毎年9月にあわせ組合員へ支援呼びかけ、集まったお金で奨学金支援しています。

そして、奨学生との対面のできるラオススタディツアーを、定期的に実施しています。

 

ラオススタディツアー

ラオススタディツアーでは、支援小学校の生徒との交流を通して、継続的なラオスの奨学金支援に対する理解を深めることを目的としています。

2009年は、そのツアーの年にあたり、シルバーウィークを利用し、ラマラー校へ訪問しました。

ハミガキ講習やオリガミ教室を行ったりしながら、生徒との交流を深めました。

民際センターのお力を借り、現地の高床式の家に宿泊し、水がめに溜めた水での水浴びやバーシーなど現地の生活や儀式にも触れ、普通の旅行では体験できない貴重な体験もさせていただきました。

こうして現地に行き、実際にその目で見て感じることが活動を広めていくことに繋がると思います。

 

茨城県・境町社会福祉協議会 様

「もったいない」精神で、1997年以来ずっとタイの子を支援

境町社会福祉協議会

地域の様々な社会福祉活動を行う茨城県の境町社会福祉協議会は、活動の1つとして1997年から書き損じハガキ等でタイ奨学生を支援しています。

これまで1年も欠かさず、ほぼ毎年Aタイプでタイの奨学生を支援してきました。

支援のきっかけは同協議会で朗読のボランティアを行っている団体のリーダーが「こんな活動があるよ」とダルニー奨学金を紹介したことです。

 

以来、年賀はがきが出る時期に「社協だより」と境町ボランティア連絡協議会の広報紙「ボランテ」で書き損じハガキなどを集める呼びかけをしています。

収集方法は、社協の善意銀行として窓口にハガキの収集箱を置いています。

しかし、ハガキを箱に入れるより『書き損じはがきをもってきたよ』と窓口で手渡す人の方が多く、住民の皆さんが熱心に協力してくれるようです。

現地から送られてきた奨学生の写真を広報紙に掲載していることも、ハガキを持ってきて支援する人が絶えない要因かもしれません。

書き損じハガキ280枚で子どもが1年学校に行けるなら、それを捨てずに活かす「もったいない」精神で息長く子どもたちをサポートしています。

 

株式会社資生堂 様

 「一瞬も一生も美しく」をメッセージに奨学生を支援

株式会社資生堂

「公益財団法人 民際センター」様とのお付合いは10年以上前に遡ります。

当時は⑭資生堂の各部門、国内グループ各社が各々に「書き損じ・未使用官製ハガキ」を収集してお送りしていました。

2004年からは、社会貢献活動を推進するCSR部が窓口となり、資生堂労働組合の協力も得て「集めてボランティア」として全社的に推進。

社員がデザインしたキャラクター「はっぴーちゃん」をあしらったオリジナルの回収箱も製作、全国事業所に配付するなど社内での浸透を図りました。

その後、ハガキの他、「テレホンカード」「商品券」なども収集対象品として現在に至っています。その間に36名のラオスの小学生就学を支援。

また「資生堂ボランティア休暇制度」を利用した社員がオフィスに出向き、ボランティアとして民際センター様の業務をお手伝いする協働活動も行っています。

 

こうした一連活動は、一人ひとりが社会との関わりの中で社会貢献に対し関心を持ち、資生堂社員として「良き企業市民」となることを目的としています。

また、社会活動によって得られた気づきを社内に持ち帰ることで、業務の視点や質の向上につなげたいと考えています。

当社は、「一瞬も一生も美しく」という企業メッセージを発信しながら世界中の女性の美しい生き方を支援していきます。

そのためには、化粧を通じた社会活動や次世代を見すえたアジア圏における初等教育支援は欠かせません。

これからも設立25周年を迎えられた「民際センター」様の活動を微力ながら応援してまいります。

 

員弁ライオンズクラブ 様

 員弁ライオンズクラブ35周年記念事業として、子どもたち12名がラオスの学校を訪問

員弁ライオンズクラブ

三重県・員弁ライオンズクラブ(出口紀幸会長)は昨年11月に結成35周年記念式典を開催、式典にはラオスを訪問した子ども達が招待されました。

この子ども達は、周年事業のキャッチフレーズを“日本の子ども達をラオスに”と決めて募集、夏休みにラオス・カンボジア・タイを旅行した中学生12名(男子8名、女子4名)です。

員弁ライオンズクラブは30周年記念事業として、 2009年にラオス中部のカムアン県カムハエ村に小学校を建設しました。

 

この度の企画は、「ライオンズクラブ関係者以外の子ども達に、世界の子どもを見てもらおう、なにかを感じてもらおう」という趣旨で実施しました。

式典では、参加した子ども達が感想やエピソードを披露しました。また、感想文集が配布されました。

ラオスの子ども達とサッカーやバレーボールをして交流を深めたこと。

またモノがなくて貧しいと思われがちだが、子ども達は明るく元気で、心は貧しくないと思つたなど、現地で子ども達が肌で感じた感想・実感が発表されました。

次世代を担うこの子ども達が、この度の貴重な体験が将来に生きてくることでしょう。

 

ハウス食品グループ本社株式会社 様

 社会の役に立ちたい!という想い

ハウス食品グループ本社

2015年1月、ハウス食品グループ本社株式会社様から、1,000枚を超える書き損じハガキ回収のご協力をいただきました。

管理本部CSR部長の松本様と、CSR推進課長の小野様にお話を伺いました。

 

Q. 「書き損じハガキ」回収活動へご協力いただいた理由をお聞かせください。

A. ハウス食品グループ本社は、社会貢献活動方針・指針を定め、「食」「教育」「環境」の3分野を重点領域としています。

民際センター様のこの活動は、メコン流域5カ国の子ども達の教育支援に役立つとのこと、その趣旨に賛同いたしました。

また、メコン流域5カ国のタイ・ベトナムにグループ会社を設立し、事業展開させていただいている関係からも協力させていただきたいと思いました。

 

Q. 回収活動を実施するにあたって苦労した点をお聞かせください。

A. 関連会社も含めた、グループ全体で実施したいと思いました。

そのためには各社、各事業所の協力が不可欠でしたので、回収方法を丁寧に説明しました。

 

書き損じハガキの回収活動

また、書き損じハガキは現金に準じますし、個人情報も記載されていますので、紛失しないように管理しなければならないと思い、回収箱は必ず無人にならない場所においていただくよう依頼。

とはいえ、各社、各事業所の担当者の負担になってはいけないので、できる範囲で協力して欲しいとお願いしました。

 

Q. 最後に、回収活動を終えての感想をお聞かせください。

A. グループ各社に回収を依頼すると、すぐに何件かの問い合わせがあり、関心の高さが感じられました。

最終的に1,000枚を超える書き損じハガキが集まり、これでお役に立つことができるとホッとしました。

また、ハウス食品グループの社員に「社会の役に立ちたい」という思いがあることも実感しました。

 

ラーソン・ジュール・ニッポン株式会社 様

 売上の一部を縁の深い国の支援に!

JAWA-SHOW(TOKYO画材ショー)

世界最大規模のモールディング・カスタムフレームの額縁専門商社ラーソン・ジュールの日本支社ラーソン・ジュール・ニッポン株式会社は、毎年3月初旬に開催される「JAWA-SHOW(TOKYO画材ショー)」にて、商品を販売し、売上の一部をダルニー奨学金へご寄付いただいております。

 

ラーソン・ジュール・ニッポン株式会社

(右:代表取締役 ヤーリンク オンノ 氏 左:企画部 座間 百里可 氏)

 

同社にとって、タイ・ラオスは額縁等商品調達先としても縁が深い国で、2001年より15年にも渡り、継続的にダルニー奨学金をご支援頂いております。

また、取り扱い商品の多くが木製品である額縁メーカーとして、同社ではグループ全体で環境保護活動に力を入れており、環境システム再生化プロジェクトを支援するグローバル・リリーフ・フォレスト基金を設け、これまでに世界各国に30万本以上の植樹を行っています。

近年、ラーソン・ジュール・ニッポン社のように、自社とゆかりのある国へ支援をされる企業が増えてきております。

現地の雇用創出のみならず、未来の子どもたちへ利益の還元を行うことは、企業価値をさらに向上していくことでしょう。

 

 板倉町ラオスの会 様 

 ラオス・パクトン村で最後の交流

奨学生宅を訪問

2015年11月23日朝、パクトン村中央の通りの両側に村人や子どもたちが並び、「板倉ラオスの会」の方々がその中を歩いてお別れをしました。

列に並ぶのは、同会のメンバーから支援を受けた元奨学生のお母さんや以前にお世話になったホストファミリーのお父さん・お母さん、校長先生や村長さん、パクトン小学校の子どもたちで、20年の間にすっかり顔なじみになった人たちも少なくありませんでした。

 

村の中央の通りで最後のお別れ

群馬県板倉町がラオス・セコーン県にあるパクトン村に校舎を建てたのが1998年。

1996年に建設予定地の下見に出かけた旅行も含めて(建設候補予定地は、最初は別の村でした)セコーン県に10回。

パクトン村には8回訪問して村泊し、子どもたちを支援しながら村人や子どもたちと交流を重ねてきました。

1988年の初年度のタイ奨学金提供者41名のうち7名が板倉町の方でした。

そして、弊センターが97年にラオス支援を始め、さらにラオス校舎建設事業をスタートすると、校舎を拠点に交流できることに魅力を感じて「ラオスに小学校を創る会」を発足させ、1棟700万円(当時)の募金を目標に町内でミニ集会や茶話会などを何度も開いたり出向いたりして辛抱強く説明と寄付のお願いしました。

結果、寄付者は500名に達し、1999年に小学校が完成しました。

 

支援している奨学生と面会

以来、2年おきにパクトン村を訪ねて村に泊まり、村人や子どもたちと楽しく交流してきました。

10回目の今回は最後の訪問ということで、村人の歓迎もいつにも増して盛大で心のこもったものでした。

「板倉ラオスの会」の方々も村に3泊した間、過去にお世話になった家々を訪ねて、お世話になったお礼や挨拶をしました。

2軒のホストファミリーの家には毎晩、村人が集まり、思い出話に花が咲きました。

 

なぜ10回も続いたのでしょうか?

ダルニー通信63号で、同会リーダーの栗原さんが支援や旅行についてこんなことを書いています。

 

「村に生きる子どもたちは物質的には恵まれていませんが・・・・・

パクトン村を訪れるたびに、幸せとは何か、豊かさとは何かを考えさせられます。

交流・支援とともに私たちのライフ・スタイルを振り返る旅。

この活動や旅行を通じて、私も成長させてもらっていると実感しています」