連絡会の方

地域を基点に活動している民際センターの「ダルニー連絡会」は全国に約40あります。地域の仲間が集まり、地域での勉強会やチャリティーイベント開催、募金箱設置などを実施。年1回各地のダルニー連絡会が集まり、楽しい交流会も行っています。

ぷらいさに~(札幌市) 世話人 山本 夏江さん

私は1993年度から奨学生支援をし、95年の研修旅行に参加して最初の奨学生とタイで会うことができました。あの子のように進学したいけれど貧しさで中学校に行けない子どもを1人でも多く支援したいと思い連絡会を立ち上げました。「ぷらいさに~」はタイ語で「郵便・郵便局」という意味です。手紙が好きな私にとって、タイの奨学生と文通ができることが支援活動の魅力のひとつなのでそう名付けました。ひらがな表記なのは、その方がかわいいし誰でも読めるからです。

「ぷらいさに~」では、タイ語で手紙を書く会や茶話会、現状報告会など他、手作り品を集めたチャリティーバザーを2004年から開催しています。バザーの売上でたくさんの子どもが進学できとても嬉しく思います。 「ぷらいさに~」は、団体ではなく私個人の活動ですが、バザーなど大きな活動はドナー仲間で開催しています。今後も無理せずできることで、子どもたちの支援を続けていくつもりです。

【連絡先】

ダルニーほほえみの会(山梨県都留市) 世話人 渡辺 幸男さん

「ダルニー奨学金の広報」と「できる範囲で応援」をモットーに、2003年に同会を立ち上げました。会員は7名です。ミーティングはありませんが、会報の「ほほえみの会通信」を発行しています。不定期ですが、知人が撮影したタイの写真や、奨学生からの便りなどを皆さんに届けて28号まで版を重ねました。毎号20数部の発行です。地域の社会福祉協議会のメンバーになっていて、ここのボランティアセンターが活動拠点です。社協のボランティアボードを利用したポスターの掲示や、インクカートリッジの回収をしています。都留市のボランティア祭りには毎年ブースを出してダルニーのPRをやっていますが、地元の小・中学校で民際センター職員が講演をするきっかけになりました。今年は募金でCタイプ1名、空きインクカートリッジでAタイプ1名の支援ができました。まだまだ拙い活動内容ですが、こういう会もありかと思います。

【連絡先】

  • 住所:〒402-0024 山梨県都留市小野1388-9
  • 電話番号:090-7260-3217
  • メールアドレス:sachi.w.0604@nifty.com
  • 世話人:渡辺 幸男

新潟ドナー連絡会(新潟市) 世話人 赤石 隆夫さん

新潟市近在の奨学金ドナー20数名が2000年10月に任意で参集し、奨学金事業に関わる広報などの活動しているボランティア団体です。
略称「ニイダレン(新ダ連)」は、民際センターに登録した全国ドナー連絡会のひとつです。新潟県内には二百数十名(2009年度)の奨学金支援ドナーがおりますが、県内ドナーであれば何方でも登録でき、入会・脱会は随時自由です。本部事務局と連絡をとりつつ、県内での「ダルニー奨学金」事業の各種支援を行います。過去には奨学金支援地での独自のスタディー研修、2000年、2009年には「全国ドナー連絡会会議」を主催してきました。

「また、新潟市内での奨学金支援事業には随時協力できるようE-メール連絡網、HP整備など会員からの要請に応えるようにしています。なお、新ダ連を母体として新たに「新潟學生ドナー連絡会(學ダ連)」や「LSP(ラオスクールプロジェクト)」などが飛び立ってゆきました。「Niigata」の文字を塗装印刷し、ラオスの大地を今でも駆け回っているEDF-Laoの四駆車購入の一助になれたことも会員の大きな誇りとなっています。

【連絡先】

  • 住所:〒951-0034 新潟市東区浜谷町1-15-2
  • 電話番号:025-271-9401
  • メールアドレス:niidaren@mail.goo.ne.jp
  • 世話人:赤石 隆夫

佐久平ダルニー連絡会(長野県佐久市) 世話人 柳澤 光一さん

「佐久平ダルニー連絡会」は、2001年1月に設立しました。長野県佐久地方を中心とした長野県東部地区を活動範囲としています。
「明るく、楽しく、無理をせず」を会のモットーとし、15名程のメンバーで活動しています。
主な活動は以下で、ダルニー奨学金の支援を行っています。
◎学校での講演(国際交流とダルニー奨学金の紹介)
◎地区でのダルニー奨学金の紹介
◎佐久市国際交流活動への参加とブース展示による奨学金募集と活動紹介
◎フリーマーケットでの販売活動による奨学金募集
◎地域外国籍住人との交流と支援

【連絡先】

  • 住所:〒385-0051 長野県佐久市中込1596-5
  • 電話番号/FAX:0267-62-9312
  • メールアドレス:kcsachi@kde.biglobe.ne.jp
  • 世話人:柳澤 光一

遠州ダルニー連絡会(静岡市) 世話人 畑 寛和さん

「私がこの奨学金の提供活動を知ったのは、2000年1月のことでした。当時勤めていました会社の指示で、東南アジア各国にある自社工場の環境対策指導を行なうために、現地に赴いた時でした。幾つかの現地工場の指導を終了して、日本に帰る飛行機の中で、民際センターがダルニー奨学金制度の推進やラオスの学校教育等を行なっている記事を見たのです。「これだ!」と思いました。帰国後すぐに、2人の子供の教育資金サポートを申し込みました。工場の環境対策を指導しながら現地の環境問題をリサーチしていた時に、「環境問題」と「教育問題」に深い繋がりがあることに気が付きました。環境の悪化を招いているのは「無知」「無関心」ですが、教育が受けられない階層では、正しい情報が入らず、また情報そのものから隔絶されるため、「無知」・「無関心」に追い込まれていく現実がありました。子供たちが教育を受ける機会を失うことは、長い目で見れば国や地域の環境問題への無関心に結びつくのです。また、それは経済的な格差にも結びついています。何か良い手はないかと考えていたときに、偶然というか必然というか、その新聞記事を読んだのです。以来、10年間、イサーン地方を訪れては、奨学金を提供した子供たち(教育里子)と逢い、交流を深めています。
遠州ダルニー連絡会の主な活動は以下の通りです。
1.春・秋の「ダルニー茶話会」による現地情報報告とドナー交流会
2.バレーボールの提供活動「バレーボール1000個プロジェクト」
3.現地民芸品販売収益による奨学金提供
4.ドナーの手紙届け隊

【連絡先】

ページの先頭へ戻る