【アーティスト日比野克彦×民際センター】ラオス ポントゥン村美術部プロジェクト ~初めて描いた子どもたちの絵 Life is Art 展~ に出展いたします!

来たる、7月3日(水) ~7月7日(日)の間、兵庫県立美術館・原田の森ギャラリーで開催される「Life is Art 展 in 神戸」に、昨年11月に実施したラオス『ポントゥン村美術部プロジェクト』でラオスの小学生たちが初めて描いた絵を出展します。

 

Life is Art 展

 

『ポントゥン村美術部プロジェクト』は、民際センターがアーティスト日比野克彦氏の協力のもと、支援先のラオス・ポントゥン村の小学生を対象にアートのワークショップをおこなうプロジェクトです。

図画工作に触れたことのないラオスの子どもたちにアートの素晴らしさを体験してもらうと同時に、その土地やそこで暮らす人たちのための「社会のためのアート」を日本からアジアへと拡げていくことを目指しています。

 

ポントゥン村美術部について

ポントゥン村美術部プロジェクトへ参加する

 

本展示会は、日本・ASEAN交流40周年を記念して企画された展示会で、日本の現代アート作品とASEAN加盟国の子どもたちによる作品を展示します。

 

『Life is Art 展 in 神戸』 概要

■会期:7月3日(水) ~7月7日(日)

※7月6日(土)、7日(日)の2日間は、民際センター事務局スタッフが展示会会場におりますので、関西地域のドナーの方がたは、ご友人・お知り合いの方がたと一緒に、是非、お越しください♪

■時間:午前10時00分 ~ 午後18:00 ※7日は14:00終了です。

■場所:兵庫県立美術館・原田の森ギャラリー

     神戸市灘区原田通3-8-30 TEL: 078-801-1591(代表)
     阪急電鉄 王子公園駅から徒歩6分 JR神戸線 灘駅から徒歩10分

■民際センターからの出展内容:ラオス・ポントゥン村の小学生が初めて描いた水彩画・20点

■入場料:無料

■主催:有限会社ライザ

■後援:神戸市、神戸市教育委員会、公益財団法人 神戸市民文化振興財団

 

ポントゥン村美術部プロジェクトへ参加する

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です