「エッセイコンテスト」の結果発表

過日は、エッセイコンテストにご応募いただきまして、誠にありがとうございました。

おかげさまで182作品ものご応募がありました。それぞれのテーマに対し、多くの作品が飾らないスタイルで綴られていました。

 教育や国際支援の本質を深い洞察力で見つめた作品

 それぞれの国で出会った人々の触れ合いを情感豊かに表現した作品

 長い時間軸の中で育まれていくかけがえのない想いが詰まった作品

など、多くの作品がとても素晴らしいものでした。

厳正なる審査のうえ、鋭い着眼点や表現力に秀でた下記作品が入賞となりましたので、ご報告させていただきます。

*作品名をクリックいただくと、作品をお読みいただけます。

 

■阿刀田高賞■

一通の手紙』 N・N様(兵庫県神戸市)

 

■神山典士賞■

ベトナムと私』 古河様(熊本県)

 

■資生堂賞■

カンボジアに魅せられて』 具路 暁代様(和歌山県紀の川市)

 

■ハウス食品賞(3編)■

あるタイの小説を巡って』 藤野 勲様(奈良県)

タイでの僧侶体験』 芳賀 勲様(東京都港区)

豊かさとは何か』 F・M様(千葉県)

 

■民際賞(10編)■

誇りとおごり』 阿部 松代様(神奈川県川崎市)

カンボジアから来た家族』 いその ゆきこ様(金沢市)

平和を運んできた少年』 大西様(東京都)

彼が教えてくれたこと』 小川 知三様(大阪府茨木市)

ハナコ婆さん』 菅原 哲夫様(奈良県奈良市)

世界で一番バリアのない街』 玉木様(大阪府)

忘れられない瞳』 寺西 曜子様(東京都葛飾区)

私の戦後』 中川 一之様(京都府京都市)

古都・チェンマイの少女』 原 和義様(福岡県北九州市)

「貧しい」ということ』 星川 千里様(千葉県八千代市)

 

◆選考委員◆

阿刀田 高 氏:作家、社団法人日本ペンクラブ15代会長

受賞歴:第32回日本推理作家協会賞、第81回直木賞、第29回吉川英治文学賞、旭日中綬章</em>

神山 典士 氏:ノンフィクション作家

受賞歴:第45回大宅壮一ノンフィクション賞

 

貧困により教育の機会を得ることのできない多くの子どもたち、および、公益財団法人民際センターへの変わらぬご支援を、今後ともよろしくお願いいたします。

 

寄付ボタン

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です