奨学金支援の自販機第1号が設置されました!

弊センターの評議員を務めていただいている情報印刷株式会社(神奈川県)の社長、山下利治氏のご協力をいただき、同社1階の玄関脇に設置されている自動販売機から生まれる収入の一部をダルニー奨学金に寄付していただけることになり、7月半ば過ぎからサントリー社の自販機に取り替えてスタートしました。

自販機正面の真ん中左側に、自販機の売り上げの一部がダルニー奨学金になる旨が記載されているB4サイズの看板が掲載されています。

 

奨学金支援の自販機第1号

<自販機第1号>

 

猛暑が続く中で、自販機の売れ行きは好調で、数日で売り切れが続出した飲料水もあったとか。

サントリー社の担当の方も「予想以上の売れ行きです!」と驚いています。

ダルニー奨学金

 

水やお茶、ジュースを買うだけで国際貢献ができることに加えて、CSRの一環として、また企業のイメージアップを図るために、自販機による国際協力支援を行う企業が増えています。

このような形で東南アジアの子どもたちの支援を考えている設置オーナーの皆様、自販機のお取り替えや新たに自販機を設置される際には、ぜひ弊センターにお問い合わせください。

 

【関連記事】

新しい国際支援の方法 ~自販機で国際協力~

 

寄付ボタン

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です