I ♪Musement主催チャリティライブで、ラオス奨学金2人分を支援!

関西の大学生たちが「音楽×起業×社会貢献」というミッションで設立した模擬音楽会社「I ♪Musement」が、3月9日大阪で開催したチャリティライブは、満席・大盛況という結果になりました!

音楽イベントの利益の25%を寄付するシステムということで、民際センターのラオス奨学金2人分の支援が決定!

I ♪Musementのメンバーたちは、1人でも多くのお客さんに来てもらうため、チラシ配布やソーシャルネットワークなどを通して、集客活動にも全力を尽くしました。

また、このチャリティライブへの出演を快諾してくださった4団体のそれぞれのファンの方がたが、お客さんとしてお越しくださったことも、満席という結果につながりました。

★参加アーティストの皆さん、ありがとうございました!

 

<出演順>

Blend one more color

川野航

Especia

♪Trunk

 

blend one more color

 

川野さん

<参加アーティストの中には、ラオス学校建設を行う学生団体イベントでパフォーマンスした人やカンボジア平和の旅に参加した人やもいます!>

 

関西の女子大生4人と男子大生1人で設立した「I ♪Musement」が、チャリティライブの寄付先を選ぶ際に「顔が見える支援をしたいね」ということで、ネット検索して民際センターを見つけてくれたおかげで、ラオスの子どもたちが中学で勉強し、将来を切り開くことができます!

メンバーたちは寄付金を少しでも増やすため、当日は募金箱を設置して、ライブ終了後にも会場をあとにするお客さんたちに、募金箱を持って寄付を呼びかけてくれました。

また、「I ♪Musement」が所属するNPO法人ブラストビートの社会人メンターの方がたも、当日チャリティライブ会場の準備や運営などのサポートをテキパキとこなしていた姿が印象に残っています。

 

チラシimusement

<I ♪Musementのメンバーが作製したチラシを手にして、チャリティライブに来た方も!>

 

imusementメンバー

<初めてのチャリティLIVEを成功させた関西の大学生グループI ♪Musementのメンバーたち

苦労もあったけど、達成感で感涙するメンバーも>

 

I♪musementとblastbeat社会人メンターの皆さん、出演アーティストの皆さん、ご来場のお客さま、この度は、チャリティライブを実施して頂き、本当にありがとうございました!

皆さんが関わってくださったことで、奨学金を受給することになるラオス奨学生の写真と報告書は、今年12月にI♪Musementに届きますので、楽しみに待っていてください!

また、ご自分でも支援してみたいという方は、是非、下記ボタンより資料請求してください!

 

問い合わせボタン

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です