中2で16歳のカンボジア奨学生

奨学生のチャムルームは3人きょうだいの末っ子です。16歳で中学2年生です。

就学が遅くなった理由は、お父さんが脳梗塞で働けなくなり、お母さん1人の収入で、家族5人の生活を背負わなければならなくなったからです。

 

カンボジア奨学生チャムルームとお母さん

<チャムルームとお母さん。家の前で>

 

お母さんはお菓子を作って売っています。毎朝4時に起きて家でお菓子を作り、自転車に乗って村々を売り歩いています。

1日の収入は2.5ドル。この収入では家族5人を支えられず、2人のお兄さん人が中学校を中退し、仕事を探すために家を出ました。

チャムルームも小学校を卒業して家事をしたり、お母さんを手伝ったりして働きました。

 

2年前、2人のお兄さんから月50ドルの仕送りが来るようになって、苦しい生活から少し抜け出ることができ、チャムルームは中学校に通い始めました。

それでも、お兄さんの仕送りが必ず毎月来るとは限りません。

 

チャムルームは家事やお父さんの世話をしつつ、奨学金をもらって必死に中学校に通っています。

 

寄付ボタン

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です