ラーソン・ジュール・ニッポン株式会社が「タイ洪水奨学金5000キャンペーン」を支援!

ラーソン・ジュール・ニッポン株式会社

世界最大規模の額縁専門商社ラーソン・ジュールの日本支社、ラーソン・ジュール・ニッポン株式会社は、「タイ洪水奨学金5000キャンペーン」を支援するために、タイのメーカーが製造する商品を2012年1月10日から3月10日までの期間限定で販売し、その売上の5%にあたる279,150円を寄付します。

 

タイ洪水奨学金5000キャンペーン

 

大河原社長

<大河原社長(2/29 展示会場にて)>

 

ラーソン・ジュール・ニッポンは2001年11月より継続的にダルニー奨学金を支援しており、2011年までの10年間に3,332,783円を寄付しました。

同社にとってタイ、ラオスは商品調達先としても縁が深い国で、2005年2月には代表の大河原と数名がタイ東北部ウドン・ターニーを訪れ、学校や生徒の家庭を訪問して子どもたちと交流しました。

 

大河原社長たち

<右から2番目:大河原社長>

 

タイ東北部ウドン・ターニー

 

昨年の洪水は一時商品調達にも影響が出た身近な災害で、民際センターのキャンペーン案内で現地の子どもたちの置かれた厳しい現状を知り、少しでも役立ちたいとの思いから今回の商品販売を企画しました。

取り扱い商品の多くが木製品である額縁メーカーとして、ラーソン・ジュールではグループ全体で環境保護活動に力を入れており、環境システム再生化プロジェクトを支援するグローバル・リリーフ・フォレスト基金を設け、これまでに世界各国に30万本以上の木を植えました

また、環境に配慮した木材加工品であることが証明されたFSC/PEFC認証木材製の商品の開発にも取り組んでいます。

 

ラーソン・ジュール・ニッポン株式会社

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です