映画『ラオス 竜の奇跡』が6月からロードショー

本作は、1960年に実在した日本人を脚本化、内戦当時にタイムスリップした現代ラオスの少女と出会うネイチャーファンタジー作品です。

「人を思いやる優しさ」をテーマに、心地よい音楽と美しい大自然の映像、ラオスのゆるやかな空気に脱力して下さい。

その時、私たちの中にある ”本当に大切なもの”を思い出してもらえると幸いです。(プロデューサー 森卓)

 

======================================

6月東京有楽町スバル座公開を皮切りに全国順次ロードショー

>あらすじ・予告編はこちらから

>前売券は有楽町スバル座にて販売中。詳しくはこちらから

======================================

 

※現在は公開終了している場合があります。詳しくは劇場にてお問い合わせください。

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です