民際センター理事で作家の阿刀田高氏が主宰する「朗読21の会」2015年 第15回公演のお知らせ

民際センターの理事で作家の阿刀田高氏が主宰する「朗読21の会」が、第15回公演「千年の嘘 五十年の真実~山本周五郎と阿刀田高の世界」を下記の通り開催します(民際センターも協賛)。短編小説と朗読の魅力を味わう絶好の機会です。

 

■日程:10月13日(火)~15日(木)

■場所:内幸町ホール(電話:03-3500-5578)

■料金:4,000円

■前売券 発売中 ※チケットのお申し込みはコチラ

 

千年の嘘 五十年の真実 ~山本周五郎と阿刀田高の世界~

日本の古典や詩歌に触れながら、男と女の間に伏在するサムシングを皆様のお耳にお届けします。

小倉百人一首にもある紫式部の歌「めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲隠れにし 夜半の月かな」の意味に思いを馳せてください。

また「柘榴」(ざくろ)は周五郎の短編小説のナンバー・ワンではありますまいか。

詳しくはコチラ

 

千年の嘘 五十年の真実

 

千年の嘘 五十年の真実の詳細

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です