ラオス・ポントゥン村の子どもたちの絵が金沢21世紀美術館に展示されます

東京芸術大学教授 日比野克彦氏のご協力により、2013年11月22日~11月28日に行われましたポントゥン村美術部プロジェクトの展示が、7月29日~8月3日に金沢21世紀美術館にて行われます。

 

ポントゥン村美術部プロジェクトについて

<ポントゥン村美術部プロジェクト>

 

ぜひ、ポントゥン村小学校の子どもたちの絵を見に来てください。

会場では、日比野克彦氏デザインのオリジナルTシャツを1,000円で販売させていただきます。

※8月2日(土)、3日(日)は民際センター職員も会場におります。

 

ポントゥン村小学校

<ポントゥン村小学校の子どもたち>

 

皆さまのご来館を、心よりお待ちしております。

 

Heart Art in KANAZAWA 2014 – 飛躍とは -

 

【概要】

展覧会名称:Heart Art in KANAZAWA 2014 – 飛躍とは –

開催、日時:2014年7月29日(火)〜2014年8月3日(日) 10:00〜18:00

会場:金沢21世紀美術館 (石川県金沢市広坂1-2-1)

市民ギャラリーB2&4

主催:一般社団法人 Heart Art Communication

後援:公益財団法人 民際センター

出展ジャンル:絵画/日本画/水墨画/書/工芸/彫刻/イラスト/写真

出展点数:約120点

審査員:安達博文 (富山大学 芸術文化学部 教授 / 国画会会員)

特別展示:ポントゥン村美術部プロジェクト作品 (日比野克彦 / ラオスの子どもたち)

 

【詳細】

本展覧会となる「Heart Art in KANAZAWA 2014 – 飛躍とは – 」は、Heart Art Communicationの会員作家による選抜展です。

特別出展作家・審査員には、富山大学・芸術文化学部教授の「安達博文」先生をお招きし、「飛躍とは」というテーマに相応しい独創性の高い作品を平面、立体問わず約120点を展示します。

さらに今回は現代芸術家「日比野克彦」先生の作品とボランティア・アート・プロジェクト「ポントゥン村美術部」にて制作したラオスの子どもたちの作品20点を同会場に展示致します。

開催地となる石川県金沢市は、前田藩、加賀百万石の城下町文化に裏打ちされた数々の伝統工芸、日本三名園の一つとして知られる兼六園でも有名な都市です。

会場となる金沢21世紀美術館は、その中心部に位置し、日本の建築家ユニット「SANNA」の代表作としても知られる、ヴェネツィア・ビエンナーレ第9回国際建築展最高賞・金獅子賞を受賞している大注目の現代美術館です。

 

三部 正博さん撮影写真

<撮影:三部 正博>

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です