「第2回てとてとつながるチャリティーマルシェ」開催報告

2018年4月7日(土)に、千葉県八千代市で、「第2回てとてとつながるチャリティーマルシェ」が開催されました。この催しは昨年4月に第1回目が開催され、また開催したいとの実行委員の強い思いで、第2回目を開催する運びとなりました。

民際センターも、ブースへ出店し、物品販売を行いました。売り上げは、ちょうどタイの子どもが1年間学校に行ける金額となりました。

事前の天気予報で降雨が心配されましたが、当日は曇天で開催することができました。当日は、700人くらいの方に来場いただきました。物品販売、ワークショップ、キッチンカーなどで楽しんでいただいたようでした。

会場の様子(1)

会場からふくろうFMさん(八千代市のコミュニティFM)に生中継をしていただきました。出店者の方の声や、ダルニー奨学金のことを聞いて、来場されたかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

会場の様子(2)
生中継の様子

 会場内に、ダルニープレートと書き損じはがき回収箱を置かせていただきました。ダルニープレートは、100円玉を入れる場所が144か所をあり、1プレートで1口の支援ができます。今回会場内に設置したダルニープレートに、35,200円の寄付がありました。
これに、出店者からの寄付63,000円(出店料の一部からの寄付)をあわせて、98,200円のご支援をいただくことができました。このご支援で約7人の子どもが1年間学校に行くことができます。
 
ダルニープレート(左)と書き損じはがき回収箱(右)

 最後になりましたが、ご来場の皆様、出店者の皆様、実行委員の皆様にお礼申し上げます。

 

ダルニー奨学金について
詳しくはこちらボタン

 

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です