【緊急】2014年度のラオス・カンボジア・ベトナム奨学金が足りません!(奨学金申請中のベトナムの小学生)

ラオス・カンボジア・ベトナム、3カ国の2014年度奨学金の締め切り(7月22日)が迫ってきましたが、現在、奨学金が足りていません。

ぜひ皆様のご支援をお願いします。

ここでは、中学奨学金を申請しているベトナムの小学校5年生の2人を紹介します。

この後、引き続きラオスとカンボジアの奨学生を紹介します。

 

(1)トリン・ホング・タイ(小学校5年生、11歳)

Trinh Hong Thai

 

北部タイビン省に住むタイの家族は貧しい農家。

お父さんは、お父さんのお父さん(タイのお祖父さん)がベトナム戦争中にダイオキシンを浴びました。

それがお父さんに遺伝して体の調子がいつも悪いため、5人家族を十分に養うほど十分な収入はなく、月収は多くて7000円程度。

しかも、70万円の借金まであります。

タイも生まれたときから血管腫を患っていて、これまで13回手術を受けました。

不幸は重なり、公園で除草作業をしていたとき、不発弾が爆発し、体の右半分を負傷しましたが、幸い、命に別状はありませんでした。

 

こうしたハンディキャップにもかかわらず、学校の成績はよいほうです。得意科目は算数。

しかし、タイは家族の借金のことも知っていて、中学に就学できるかどうか不安です。そのため、ダルニー奨学金に応募しました。

将来の希望を尋ねたら、こう答えました。「将来の希望なんて、中学に就学できるかどうかわからない僕には贅沢すぎる言葉です」

 

寄付ボタン

 

(2)ウグエン・クアング・ニン(小学校5年生、11歳)

Nguyen Quang Ninh

 

ニンもタイビン省に住んでいて、8歳のとき両親はHIVに感染して亡くなってしまいました。

そのため、ニンは二人の姉妹とともに祖父母の家で暮らしていますが、高齢および収入が少ないので、生活は困難を極めています。

手持ちの現金がなくなると、道端で食べ物を乞うこともあります。5歳下の妹の世話も見ていますが、HIV感染が明らかになりました。

 

中学に上がって勉強を続けたいニンはダルニー奨学金に申請しました。

というのも、いよいよ祖父母が働くことが困難になり、このままでは中学校に就学できそうもないからです。

クラスのみんなと一緒に中学校に行き、彼らと勉強したり、遊んだりしたいと強く思っているからです。

将来の夢はHIV感染者を治療する仕事に就くことです。

 

寄付ボタン

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です