【第一弾】タイ、ベトナム、ミャンマー奨学生のご支援をお願いします! ※3/22締切

タイ、ミャンマー、ベトナムの2016年度奨学金申し込み締め切り日(3月22日)が目の前に迫っていますが、どの国の奨学金も数十口足りていません。

ぜひ皆様のご協力をお願いします。

以下に、ベトナム事務所から届いたベトナム奨学生を2回に分けてご紹介します。

 

ベトナム北部タイビン省で、お母さん、6歳の妹と3人で暮すホア君(14歳)は、お父が建設現場で働いているとき、高い所から落下したブロックが直撃して死亡。

それ以後、お母さんが漁師をしたり農作業をしたりして、わずかな収入で暮していました。

しかし、それだけでは家族は食べていけず、ホア君はやむなく中3で中退して働き始めました。

昨年、ホア君はダルニー奨学金を申請し、中4として中学校に復帰しました。

 

奨学生ホア君

 

昨年11月、地元で開催された化学大会で、ホア君がある野草に防虫効果があることを見つけて発表。

その大会で銅賞に輝き、さらにタイビン省全体の大会に進み、みごと金賞に輝きました(奨学金をもらって学校に復帰できてよかった!!!)。

 

ホア君の好きな科目は化学と生物。将来は学者として化学を研究したいそうです。

 

寄付ボタン

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です