「板倉ラオスの会」が写真展を開催しました!

板倉ラオスの会」は今年3月1日~31日の1ヶ月間、群馬県板倉町中央公民館で写真展を開催し、写真60点と生活用品を展示しました。

 

板倉ラオスの会

 

同会は1999年にラオス・セーコーン県パクトン村に校舎を建設以来、隔年で同村を訪問し、交流を重ねています。

そして、昨年11月の訪問が7回目。

2泊3日の滞在でしたが、これまで6回の交流で知り合いになった家族も多く、短い滞在期間ながらお別れの際には涙が流れます。

 

写真展は、昨年の訪問で参加メンバーが撮った写真の中から作品60点を選び、自分たちで枠に入れ、生活用品とともに展示しました。

同会代表の栗原容子さんは「ラオスの生活をぜひ、みなさんに知ってもらいたい」と開催の目的を語りました。

同会の会員は約50名で、同校に通う生徒を中心に毎年約50口の奨学生を支援しています。

 

寄付ボタン

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です