【支援企業・団体のご紹介】ハウス食品グループ ~社会の役に立ちたい!という想い~

2015年1月、ハウス食品グループ本社株式会社様から、1000枚を超える書き損じハガキ回収のご協力をいただきました。

管理本部CSR部長の松本様(写真左)と、CSR推進課長の小野様(写真右)にお話を伺いました。

 

ハウス食品グループ本社株式会社

 

Q.「書き損じハガキ」回収活動へご協力いただいた理由をお聞かせください

A.ハウス食品グループ本社は、社会貢献活動方針・指針を定め、「食」「教育」「環境」の3分野を重点領域としています。

民際センター様のこの活動は、メコン流域5カ国の子ども達の教育支援に役立つとのこと、その趣旨に賛同いたしました。

また、メコン流域5カ国のタイ・ベトナムにグループ会社を設立し、事業を展開させていただいている関係からも、ぜひ協力させていただきたいと思いました。

 

Q.回収活動を実施するにあたって苦労した点をお聞かせください

A.関連会社も含めた、グループ全体で実施したいと思いました。そのためには各社、各事業所の協力が不可欠でしたので、回収方法を丁寧に説明しました。

また、書き損じハガキは現金に準じますし、個人情報も記載されていますので、紛失しないように管理しなければならないと思い、回収箱は必ず無人にならない場所においていただくよう依頼。とはいえ、各社、各事業所の担当者の負担になってはいけないので、できる範囲で協力して欲しいとお願いしました。

 

Q.最後に、回収活動を終えての感想をお聞かせください

A.グループ各社に回収を依頼すると、すぐに何件かの問い合わせがあり、関心の高さが感じられました。最終的に1,000枚を超える書き損じハガキが集まり、これでお役に立つことができるとホッとしました。

また、ハウス食品グループの社員に「社会の役に立ちたい」という思いがあることも実感しました。

 

書き損じハガキ

 

~ハウス食品グループ本社株式会社様、ご協力大変ありがとうございました~

 

寄付ボタン

民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です