カンボジア新年の祭り(サンクランフェスティバル)

カンボジアの新年の祭典であるサンクランフェスティバルは、カンボジアで最も大きな伝統的なお祭りであり、祝祭日でもあります。

この祭典は4月13日から4月15日までの3日間続きます。それは古代の星座 “MAHA SANGKRAN”に依存します。

カンボジアの新年の祭典は収穫期の終わりと同時期でもあるので、すべての農家は雨季の始まる前のとても幸せで、リラックス出来る時期なのです。

 

カンボジア新年の祭典のアイデアは、ヒンズー教の枝であるバラモン教から集められました。

仏教が継承される前に、バラモン教がカンボジアの主な宗教であり、宗教の切り替えが起こったときに、古い伝統が新しい宗教にちょうど適用されているので、カンボジア新年の祭典は仏教と密接に関連しています。

さらに、カンボジアの家族の中には、サンクランフェスティバルの前に、来年の繁栄のための祈祷式典が行うところもあります。

 

この新年の祭りのスケジュールは3日間で構成されています。

MOHA SANGKRANは新年の祝賀の初日の名前です。年の終わりと新い年の始まりです。
人々は礼拝をし、キャンドルを軽く灯し、仏教の教えに感謝し、新年を歓迎するために各家庭が敬意を表する神社で香の棒を燃やします。

VEARAK VANABATは、新年のお祝いの2日目の名前です。人々は仏塔に行って修道士に食べ物を提供し、僧院の祖先に奉献式に出席し、貧しい人々に慈善事業を寄付します。

VEARAK LOENG SAKは、新年のお祝いの3日目の名前です。仏教徒は香水で仏像や長老を洗い清めます。仏像を洗うことは、悪い行為を洗い流す象徴的な習慣であり、長生き、幸運、幸福、そして繁栄を人生にもたらす親切な行為であると考えているからです。子供たちは、祖父母と両親を清めることで、新たな一年間を生きるため、お願いと、その為の良いアドバイスを得ることができます。

この3日間のカンボジア人、特に若い世代は、寺院やリゾート地に集まり、CHO CHUNG、BOS ANGKUNH、CHAB KON KLENG、LEAK KANSENGなどの伝統的なゲームを楽しんだり、コンサートを楽しんだりしています。

 カンボジアのお正月でした。
ダルニー奨学金について
詳しくはこちらボタン
 
民際センター編集部
「公益財団法人民際センター」は日本生まれの国際協力教育NGOです。世界の子どもたちが中学校に通えるよう教育支援をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です