ラオス学校建設

校舎の量的不足・質的劣悪さを解消するラオスの土と木で造る環境に優しい快適な校舎を建てるプロジェクトです。

日本建築学会賞(業績)を受賞いたしました。

ラオス学校建設プロジェクトとは

校舎の量的不足 質的改善は急務と考えます!
ラオスの子どもたちが教育の機会に恵まれない原因の一つに、校舎の量的不足・質的劣悪さがあげられます。壁、床の無い校舎も多く、しかも数が不足しています。机や椅子などは竹を使ったり、木材の端材を使用したりしている所が多く、子どもたちはノートを取るのも大変です。そんな子どもたちのために、民際センターでは教師育成や保健衛生サービスなどのソフト面だけでなく、校舎建設によるハード面の支援も行っています。

ラオス学校建設プロジェクトの特徴

①自然環境に優しいレンガ作りの学校です

ラオスの建築は一般に、釜戸で木々を大量に燃やして作る焼きレンガを使用します。

民際センターでは森林破壊などの環境破壊を最大限考慮し、現地の赤土と少量のコンクリートを混ぜ固めることで出来る、ブロックレンガを使用しています。ブロックレンガは作成が容易で安価であるだけでなく、建築時に木々を燃やす必要がありません。大事な木々は、トラスや梁・柱でのみ使用します。

②自然採光・自然換気を取り入れた快適な教室です

ラオスのインフラは未だ脆弱で、都市部以外には電気が普及していない村が多く、自然の光だけで教室内を明るくする必要があるため、天井、窓・ドアを明るい色で塗装している他、掲示板も白板にしています。また、高窓は風と自然光が入りやすいように工夫されており、心地よい風が教室を常時通り抜けます。

ラオスの季節は雨季と乾季に分かれており、暑い時期には気温が40度を超えます。校舎内を涼しく保つため、校舎の両側に高木を植えることで地表温度を下げるようにしています。また、校舎の長手を東西軸に配置することで、直射日光が教室に入らないようにしています。

基本方針

建築ボランティアの加藤氏

ラオスの子どもたちの学びやすい環境づくりを手助けするために、一級建築士・加藤隆久氏(新宿NSビル、聖路加ガーデン、JR東日本本社ビルなど設計)のご協力のもと、民際センターでは安全で耐久性に優れ、かつ心地の良い学校づくりを目指しています。「その環境の中でベストのもの、そこにしかないものが出来ます。そして、造られた建築が今度は環境に新たなプラス要素となるよう心がけています。」 長年の功績が称えられ、建築家 加藤隆久氏および一般財団法人(当時) 民際センターは、2010年日本建築学会賞を受賞しました。また、加藤氏はラオス政府より勲章を授与されました。

お問い合わせ
様々なプロジェクトにご参加いただいている支援者さまの声をご覧頂けます
支援者の声を見る
ページの先頭へ戻る