活動内容

奨学金(ダルニー奨学金)

ダルニー奨学金は、年14,400円(1ヶ月あたり1,200円)の支援で、ラオス・カンボジア・タイ・ミャンマー・ベトナムの貧困のため教育の機会に恵まれない子どもたちの進学を支援する、国際教育里親システムです。

詳しい情報を見る 今すぐ寄付をする

図書/Lao-Library1000キャンペーン

本が少なく読書の機会に恵まれないラオスの子どもたちに本がたくさんつまった図書セットを贈るプロジェクトです。

詳しい情報を見る 今すぐ寄付をする

民際センターサポートプログラム

民の力により、教育支援を通じ、世界の貧困削減と平和構築を目指すためにも、多くの方々に民際センターの活動を知っていただくことが必要です。この活動に必要な力を私たちは「民際力」と呼びます。年1,000円~の支援で民際センターをサポートしませんか?

詳しい情報を見る 今すぐ寄付をする

教育支援セット

タイやラオスの農村部の学校では、基本的な教材やスポーツ用具が不足しています。その不足している品物を贈ろうというプロジェクトです。

詳しい情報を見る 今すぐ寄付をする

プレゼントセット

プレゼントを贈ることで、現在支援されているタイ・ラオスの子どもをさらに応援しようというプロジェクトです。

詳しい情報を見る 今すぐ寄付をする

自転車プロジェクト

中途退学する理由の一つの通学問題を解消する為、子どもたちに自転車を贈るプロジェクトです。

詳しい情報を見る 今すぐ寄付をする

少数民族教師養成

ラオスは49の民族で構成される多民族国家です。少数民族の多くは、道路も電気もない山間地域に住んでいるため、村の学校で教える教師を見つけることは大変です。そういった子どもたちのために、少数民族出身の学生に教師養成短大で勉強できるよう奨学金を提供するプロジェクトです。

詳しい情報を見る 今すぐ寄付をする

ラオス学校建設

校舎の量的不足・質的劣悪さを解消するラオスの土と木で造る環境に優しい快適な校舎を建てるプロジェクトです。

詳しい情報を見る

OSOP(1校1事業)

タイの経済的に貧しい村の将来の自立に向けて、生徒たちが学校単位で地域の技術や資源の活用(有機栽培、魚の養殖等)サポートし、学校が自立して事業を実施できるような支援を行うプロジェクトです。

詳しい情報を見る

TTM(ラオス人教師修士留学事業)

ラオスの教育水準向上のため、ラオス人教師がタイの修士課程へ留学するのを支援し、将来を担う人材を育成するプロジェクトです。

詳しい情報を見る

【日比野克彦×民際センター】ポントゥン村美術部プロジェクト

アーティストの日比野克彦氏(東京藝術大学教授)の協力を得て、ラオスの子どもたちにアートを経験する機会をつくろうというプロジェクトです。

詳しい情報を見る

緊急・復興・お見舞い支援

25年以上の豊富な経験とネットワークにより、被災地に最も近い教育委員会を通じて、被災地の子どもを守る支援活動です。

詳しい情報を見る

【H.I.S×民際センター】ボランティア・ツアー

のどかな田園広がる村の学校を訪ねて子どもたちと交流&ボランティアを行うツアーです。年に2回開催しています。
※主催:H.I.S. 協力:民際センター

詳しい情報を見る
ページの先頭へ戻る